LINEモバイルの事務手数料が無料になるエントリーパッケージを購入してみた!

LINEモバイルはLINEが提供している通信サービスです。

格安シムサービスという言葉があるのかわかりませんが、

MVNOの中でも料金的に魅力的なプランのあるところです。

このLINEモバイルに新規契約すると通常3000円かかる事務手数料が、amazonで販売されているエントリーパッケージを購入するとなんと無料になるということで、実際に購入してみました。

61y9yJMr2BL._SL1500_

スポンサーリンク

amazonでLINEと検索してみるとこの検索結果が表示されました。プライム対応です。

やはり大人気なのか、レビューが300を越えていますね。(2017年6月18日現在)

クリックしてみます。

2017-06-18_17h50_03

ありました。

このエントリーパッケージの中にSIMカードは入っていませんが、エントリーコードが中に記載されていて、

LINEモバイルに申し込む時に、そのコードを入力すると通常3000円(税込み3240円)かかる事務手数料が無料になるというものです。

2017-06-18_18h00_24

このエントリーパッケージが990円なので、通常申し込むより2250円安くなる事になりますね。

LINEモバイルに申し込むのなら、これは是非購入しておきたいところです。

音声付きのSIMカードを申し込む場合は忘れずに、「音声付SIMカード」を選択します。

データ専用のカードも同じ商品ページにあるので要注意です。

2017-06-18_17h52_49

他には端末セットの商品がありました。

端末はHuawei P9lite。格安シムのセットでよくあるやつですね。

ポチッと。

amazonポイントが200あったので、790円で購入できちゃいました。

これで2490円のお得ですね。

2017-06-18_17h48_47

ちなみに、今僕がわかっているこのエントリーパッケージの注意点です。まだ他にもあるかもしれません。

・事務手数料が無料になる

・SIM発行手数料がこの他に400円必要

・エントリーパッケージには有効期限があるらしい(半年程度)

・SIMカードはエントリーパッケージには入っていない

・SMSなしのプランは選択できない

・SIMのサイズは契約時に選択可能(ナノ、マイクロ、通常)

・エントリーコード1パッケージにつき1回線のみ

・MNPは可能(逆に新規で電話番号が取得可能)

・MNP出来ないMVNOあり(詳しくはこちらから)

– NTTコミュニケーションズ株式会社:「OCNモバイルONE」
– NTTPCコミュニケーションズ株式会社:「Master’sONE」
– 株式会社NTTぷらら:「ぷららモバイル」
– 株式会社ニフティ:「Nifmo」
– 株式会社グローバルトラストネットワークス:「GTN MOBILE」
– 株式会社サンライズ:「Sun-Netモバイル」
– 株式会社朝日ネット:「ANSIM(アンシム)」
– 株式会社日友インターナショナル:「MUSASHI MOBILE」
– ジャパンモバイル株式会社:「J⋅mobile」
– 有限会社ウィル:「ハルモバイル」
– 株式会社坊ちゃん電力:「坊っちゃん電力のSIMカード」
– 大一ガス株式会社:「大一でんわ」
– ネクストパワーやまと株式会社:「やまとモバイル」
– 株式会社MEモバイル:「カシモ」
– 株式会社ファーストテレコム:「J1mobile」
– 株式会社静岡新聞社:「@Sモバイル」
※2017/3/7現在

詳細については今週中にエントリーパッケージが届くと思うので、そのときにまた記事にしようと思います。

申込みはワイモバイルが来月で更新付きなので、7月に契約したいと思っています。

他にも見てみたらUQモバイルや、楽天モバイルでもamazonで販売されているエントリーパッケージで各種オトクなキャンペーンが有るようなので、格安SIMを検討中の方は一度調べてみるといいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク