iPhone のカメラアプリで「Live Photos」をオフにする方法

スポンサーリンク

iPhone 6S からiPhone のカメラ機能に搭載されている

「Live Photos」という機能がありますよね。

 

「Live Photos」はシャッターボタンを押した前後1.5秒の映像と音声が保存され、

後から見るととても面白いんですが

毎回LIVEで撮影していると、すぐに容量が多くなってしまいます。

 

iPhoneの「写真」アプリ上からはわかりませんが、

パソコンから見てみると、JPGファイルと同じファイル名で毎回MOVというファイルが保存されていることがわかりますね。

2017-05-21_10h15_41

 

MOVというのは動画のファイル形式なんですが、

写真一枚撮るごとに、保存されるので、2倍以上の容量をくっていることになります。

これじゃ、いくら容量があっても足りないので、Live Photosをオフにすることにしました。

 

Live Photosをオフにするのは簡単で、

iPhone標準のカメラアプリを起動して、左側の丸いマークをタップするとオフになります。

IMG_0649

 

タップすると上の方に「LIVEオフ」と表示されるのでわかりやすいですね。

IMG_0650

またLiveを撮りたくなったら、同じマークをタップすると撮れるようになります。

 

 

また、毎回解除するのが面倒な場合は、設定アプリからオフの状態を保存することが出来ます。

 

設定アプリから「写真とカメラ」をタップします。

IMG_0651

 

次に「設定を保持」をタップ。

IMG_0652

 

 

すると「Live Photos」という項目があるのでをタップしてオンの状態にします。

スイッチが緑になっていればOKです。

 

 

 

 

IMG_0653

 

Live Photosは面白い機能ですが、通常はあまり使わないので

容量の小さいiPhoneを使っている場合は是非オフにしておくといいですね。