iPhone や iPadから iCloudのバックアップを削除する方法

iCloudで設定をオンにしているとiPhoneやiPadのバックアップが自動的にiCloudのクラウドストレージ内に作成されます。

このバックアップ、非常に便利なんですがデバイスを何個も所持していたり、何度も初期化して新しいiPhoneとして登録していると不要なバックアップが出来たりしてiCloud内のストレージを圧迫してしまいます。

そこで、iCloudの容量を節約するためにiPhoneからiCloud内のバックアップを削除してみました。

Ios 20150723 108

スポンサーリンク

「設定」アプリから「一般」を開きます。

Ios 20150723 100

「使用状況」を開きます。

Ios 20150723 101

iCloudの方の「ストレージを管理」を開きます。iPhone本体のストレージもあるので注意。

Ios 20150723 102

この中にiPhoneのバックアップがありましたね。コレをタップします。

Ios 20150723 103

バックアップを開いて下にスクロールするとある「バックアップを削除」をタップします。

Ios 20150723 104

確認画面が出ます。「オフにして削除」をタップするとバックアップが削除されます。

Ios 20150723 105

削除するとこのように「削除中・・・」と表示されます。

Ios 20150723 106

これでiCloud内のバックアップが削除されました。

Ios 20150723 107

パソコンからも同様の操作が出来ますが、iPhoneからもこのように削除することが出来ます。

通常はiCloudの容量は5GBしかないので不要なデータは削除しておくといいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク