iPhone のアプリを自動でアップデートする方法

iPhoneのアプリって結構頻繁にアップデートするので、時々このようにアップデートしないと使えなくなることがありますね。

この画像はパズドラの表示ですが、この時はアップデートしないとゲームが出来ません。早く遊びたくてもアップデートしないとプレイできないんですよね。

Ios 20150429 400 1

そこで、更新があったら自動でアップデートするように設定を変更してみました。

スポンサーリンク

まずは設定アプリから、「iTunes & App Store」を開きます。

Ios 20150429 401

その中に自動ダウンロードの「アップデート」という項目があります。これをオンにするとアプリの更新があった時、Wi-Fi接続中に自動でアップデートされるようになります。

Ios 20150429 402

上の設定では「Wi-Fi接続」の時だけ自動アップデートされますが、Wi-Fi接続時以外も自動でアップデートしたいんだ!という場合は、

その下にある「モバイルデータ通信」という項目をオンにすると、Wi-Fi環境以外でも自動アップデートするようになります。

Ios 20150429 403 2

ただし、モバイルデータ通信をオンにしてしまうと、いつでもどこでも更新があるとダウンロードが始まってしまうので、モバイル通信量がとんでもなくなってしまうので設定されるときは注意が必要です。うっかりすると通信制限に引っかかってしまいますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク