Xcode5.1 でボタンを配置する方法

こんばんは、くろさるです。

Xcode5.1 でボタンを配置してiOSシミュレーターを実行してみました。

Xcodeを起動して、「Create a new Xcode project」をクリックします。

NewImage

スポンサーリンク

「Single View Application」を開きます。

Xcode chara0325 002

プロジェクト名を「push button」にしました。

Xcode button 0329 001

デスクトップを選択して「Create」をクリック。

Xcode button 0329 002

サイドバーの「Main.storyboard」をクリック。

Xcode button 0329 003

ストーリーボードが表示されました。

Xcode button 0329 004

右下のユーティリティエリアから「Button」を探します。

Xcode button 0329 006

「Button」を画面中央にドラッグします。

Xcode button 0329 007

画面右上の「アシスタントエディタ」ボタンをクリックして画面を2分割します。

Xcode button 0329 008

キーボードのoptionキーを押しながら「ViewController.h」をクリックします。

Xcode button 0329 008b

「Button」をキーボードのcontrolを押しながら、「@interface」と「@end」の間にドラッグします。

Xcode button 0329 009

設定ダイアログが表示されるので各項目を設定して「Connect」をクリックします。

Xcode button 0329 012

スタンダードエディタボタンを押して分割画面を戻します。次に「ViewController.m」をクリックします。

Xcode button 0329 013

– (IBAction)pushbutton:(UIButton *)sender {

このコードの後ろをクリックして改行します。

Xcode button 0329 013b

次のコードを追加します。

[sender setTitle:@”OK”forState🙁UIControlStateNormal)];

Xcode button 0329 014

この状態でXcodeのRUNを押して実行すると、エラーが出ました。

コードが間違っていたようです。

Xcode button 0329 015

間違いを修正してもう一度「RUN」をクリック。

Xcode button 0329 016

すると今度は、iOSシミュレーターが起動して、「Button」と表示されました。

Xcode button 0329 017

「Button」をクリックすると、文字が「OK」に変化しました。成功です。

Xcode button 0329 018

慣れないので、こんなボタンを作るために何時間もかかってしましました。

次は音楽ファイルの再生をしてみたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク