Xcode5.1で画面に文字を表示する方法

こんばんは、くろさるです。

昨日はXcodeに文字を入力しても画面に表示することが出来なかったので、今度はもう少しやり方を調べてやってみました。

Xcode 5.1を使って、iPhoneシミュレーターに文字を表示する方法です

Xcodeを起動して、「Create a new Xcode project」をクリックします。

Xcode chara0325 001

スポンサーリンク

「Single View Application」を開きます。

Xcode chara0325 002

プロジェクトの項目を入力して「Next」をクリック。

Xcode chara0325 003

Product Name : プロジェクト名

Organization Name : 製作者名(dezisaruにしました)

Company Identfier : 住所のようなものらしいです。通常は持っているサイトのアドレスを逆にしたものを入力するようです。(com.dezisaruと入力しました)

Bundle Identfier : 入力できませんね

Class Prefix : なんだかわからないので変更しませんでした

Device : iPhoneに変更

とりあえず、デスクトップに保存します。

Xcode chara0325 005

Xcodeが起動しました。

Xcode chara0325 006

ウィンドウ左上の「Main.storyboard」をクリックします。

Xcode chara0325 006a

すると、画面中央に白い枠が出てきました。ここにいろいろ配置するようですね。

Xcode chara0325 007

次に画面右下の、オブジェクトライブラリというらしいです。ここの箱アイコンをクリックして、その中の「Label」を探します。

Xcode chara0325 008a

「Label」が見つかったら、それをさっきの白枠にドラッグします。

Xcode chara0325 010

「Label」をダブルクリックして、「dezisaru」と入力しました。

Xcode chara0325 012

文字が変更できたら、Xcode左上の「RUN」ボタンをクリック。

Xcode chara0325 013

すると、iPhoneシミュレーターが起動して、今度こそ「dezisaru」と表示できました!

Xcode chara0325 016

手順を踏むのは慣れていないので大変でしたが、プログラムを1つも入力しないで文字を表示できるのはすごいですね。

お次はこのまま実機でこれを表示してみたいです。出来るのかな??

・・・とおもったら、実機にインストールするには、デベロッパ登録(8400円)が必要なようです。もう少しマシなアプリが作れるようになってから試してみることにします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク