iPhone6sをiOS12.0にアップデートした時の不具合やバッテリーの消耗について

2018年9月18日、アップルから「iOS12.0」が公開されました。

iPhone6sにiOS12.0をインストールしたときの不具合やバッテリーの消耗具合についてご紹介します。

スポンサーリンク

iOS12.0.1について

2018年10月9日、「iOS12.0.1」がリリースされました。

「iOS12.0.1」に関する記事はこちらからどうぞ。

日本時間で2018年10月9日、iOS12.0.1(iOS12.01)がリリースされました。 iOS12の公開から半月ほどでの...

iOS12.0について

iOS12.0は2018年9月18日未明に公開されました。

対応機種は次のとおりです。

最新のiPhoneXSから、旧機種ではiPhone5sまで対応していますね。

僕の持っているiPhone6sもしっかりインストールすることができます。

iPhone6sをiOS12.0に更新する方法

1.ホーム画面にある「設定」アプリを開きます。

2.一般をタップして開きます。

3.ソフトウェアアップデートをタップして開きます。

4.iOS12のソフトウェアアップデートがある場合は、下までスクロールして「ダウンロードとインストール」をタップします。

ない場合は、画面を下にドラッグするとアップデート状態を再読込するので出てくると思います。

5.画面に従ってアップデートを実行します。

iOS12.0の更新にかかった時間について

iOS11.4.1からiOS12.0に更新する時にかかった時間は、以下のとおりです。

・iOS12.0のダウンロード:約4分

・アップデートの準備:約10分

・アップデート:約5分

iOS12.0のソフトウェアのダウンロードから、実際のアップデート完了まで約20分で終了しました。

ソフトウェアのダウンロードについては、お使いのネット環境によって変化しますので、参考程度にお考えください。

iPhone6sをiOS12.0に更新した時の不具合について

iPhone6sをiOS12.0にアップデートしたところ、概ね動作は好調です。

全体的にiOS11の時より、キビキビ動いているような気がします。

今やっているハッピーグラスというゲームも、iOS11.1の時は動きがカクついていたのですが、iOS12にしてからスムーズに動くようになりました。

ネットでも大きな不具合は報告されていないようなので、ひとまず安心ですね。

iOS12.0のバッテリーの消耗について

バッテリーの消耗については、iOS12をiPhone6sにインストールした場合はかなり悪いと言う感想です。

これは一度初期化した後でも改善しませんでした。

ブラウザやツイッターを少し使っただけでもガンガンバッテリー残量が減っていくイメージです。

また、夜中何も使っていない状態でも減っているようで、充電しないで朝画面をつけるとバッテリーが残り少ないという状態が少なくありません。

上で、アプリの動作がスムーズになったと書きましたが、動きを良くすることでバッテリー持ちが犠牲になっている可能性がありますね。

LINEモバイルの対応について

僕は現在LINEモバイルのSIMカードをiPhone6sに挿して使っているんですが、iOS12.0にアップデートしても何も問題ありませんでした。

通話、通信ともに良好に使えています。

iOS12のアップデート通知を消す方法

iOS12にアップデートしないで使いたいと言った場合は、こちらの記事からアップデート通知を消すことができます。

iOSのアップデート通知を消す方法

まだ、iOS12は様子見したい。ずっとiOS11を使っていたいという場合は参考にしてみてください。

最後に

iPhone6sをiOS12.0にアップデートしてみましたが、動作については文句なしに良いですがバッテリーの消耗が早いイメージです。

これはバッテリーが少し古くなっているのも原因だと思いますが、iOS12にアップデートしたことで動作の改善がありバッテリーの消費が増えたのではないかともいます。

普段ゲームをしたり、動作に不満がないのであればiOS12にアップデートしないで使うのもひとつの手ではないかと思います。

スポンサーリンク