iPhone6sをiOS11.4にアップデートしたら重い?更新後のバッテリー持ちや動作について

2015年発売の「iPhone6s」を最新の「iOS 11.4」にアップデートするとどうなるのでしょうか。更新後のバッテリーの状態や不具合、動作について実際にインストールして検証してみました。

スポンサーリンク

iOS11.4について

iOS11.4は2018年5月30日にリリースされました。

更新内容は、AirPlay2、HomePodへの対応、iCloudへのメッセージアプリのバックアップ対応となっています。

iOS 11.4には、複数の部屋でオーディオ再生ができるAirPlay 2、 HomePodのステレオペア対応、およびiCloudにメッセージを保管する機能が導入されました。このアップデートにはバグの修正及び改善も含まれます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:

https:/support.apple.com/kb/HT201222

iOS11.3.5からiOS11.4へ更新

iPhone6sをiOS11.3.5からiOS11.4に更新しました。

アップデートファイルは281.1MBで、更新にかかった時間は25分でした。

更新後は特に不具合もなく、正常に動作しています。

iOS11.4のバッテリー持ちについて

iOS11.4にアップデートしたいPhone6sのバッテリー持ちは、iOS11.3.5よりも良くなったような気がします。

まだ、アップデート後1週間も経っていないので正確なところはわかりませんが、iOS11.3.5のバッテリー持ちは結構悪かったので、それよりも持ちがいいと思います。

iOS11.4の動作について

iOS11.4の動作についても、特に問題はありません。アプリを使っていてフリーズや強制終了することもないし、異常なところはありませんでした。

パズドラやモンストのようなゲームも起動してみましたが、特に動作的には問題ないようです。

格安SIMの動作

僕は現在「LINEモバイル」でiPhone6sを使用していますが、iOS11.4にアップデートしても特に問題なく使えています。

IIJmioも公式サイトでiOS11.4の動作について問題なしと発表しています。

他のSIMではわかりませんが、確証が得られない場合はアップデートしないほうがいいかもしれません。

まとめ

iPhone6sを最新のiOS11.4にアップデートしたらどうなるかということでしたが、アップデートしても特に問題はないと思います。バッテリー持ちや動作についても不満はありません。

UQモバイルやワイモバイルで現在購入可能な iPhone6s なので、もう少し現役として活躍してほしいものですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク