iOS11.3でバッテリーの状態を確認(バッテリー診断)する方法について

2018年3月30日に公開された「iOS11.3」ではiPhoneを含むiOSデバイスでバッテリーの状態を確認できる新機能(バッテリー診断)が搭載されました。

この記事ではその「バッテリーの状態」を表示する方法、バッテリーの状態が表示されない、項目がない等についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneでバッテリーの状態を確認する方法

iPhoneでバッテリーの状態を確認するにはまず『設定』アプリを開きます。

ホーム画面にある「設定」アイコンをタップします。

設定を開いたら画面を上にスライドします。

バッテリーをタップします。

「バッテリーの状態(ベータ)」があるのでタップします。

バッテリーの状態(ベータ)の画面です。

ここでバッテリーの状態を調べることができます。

画面中央に「最大容量 94%」と表示されていますね。これは今使っているiPhoneのバッテリーの状態が新品の状態に比べて94%の状態だということです。

まだまだこのiPhoneのバッテリーは大丈夫ということですね。

バッテリーの状態が表示されない場合

もし上記の「バッテリーの状態」が表示されない場合、iPhoneのファームウェアが「iOS11.3」になっていない可能性があります。もしアップデートしていない場合は「iOS11.3」にアップデートしてから試してみてください。

iOS11.3へのアップデート方法はこちらの記事で紹介しています。

iOS11.3の不具合やバッテリーの状態!アップデートして大丈夫なのかについて

スポンサーリンク