iOS11.1 をクリーンインストールする方法!バックアップの手順や注意点など

iOS11.1がリリースされて1週間。

今回のバージョンはバッテリーの消費や不具合も少ないようなので、iPhoneをクリーンインストールしてみました。

スポンサーリンク

iOSのクリーンインストールは、iPhoneのデータをすべてリセットして、まっさらな状態にすることです。

全てリセットする為、動作が良くなるので、iPhoneの動きが悪い、調子が良くない時に有効です。

事前にバックアップをすることで、リセット前の状態に戻すことができるので定期的にやっておくとiPhoneを常に調子良く使うことができます。

それでは、リセットをする前にiPhoneのバックアップをやっていきましょう。

iPhoneをバックアップする

今回は、iPhoneとパソコンを接続してiTunesでバックアップしていきます。

やり方はWindowsでもMacでもほぼ同じです。

パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続して、iTunesを起動します。

iTunesを起動して、赤丸の部分をクリックします。

iPhoneの概要が表示されたら、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

バックアップの暗号化のためのパスワードを入力します。

暗号化をすると、ヘルスケアのデータやLINEのトークも全てバックアップできるので暗号化をおすすめします。

これは復元の時に必要なので忘れないようにしてください。キーチェーンに保存すると次回に自動的に入力されるので便利です。(※Mac限定)

パスワードを設定すると、iPhoneのバックアップが始まります。

バックアップが終わったら、iPhoneのリセットをします。

iPhoneのリセットをする時には、このままパソコンとiPhoneをケーブルで接続したままにしておいてください。

iPhoneのリセットをする

iPhoneのリセットは、iTunesからする方法と、iPhoneからする方法があります。

iTunesからは「iPhoneを復元」をクリックすると復元することができます。

ただしこの方法は、パソコンにファームウェアをダウンロードしていない場合ダウンロードに時間がかかります。

その為今回は、僕はiPhoneからリセットをしました。

リセットをする前に「iPhoneを探す」を有効にしている場合、これをオフにする必要があります。

「iPhoneを探す」をオフにする手順。

ホーム画面から設定アプリを起動します。

「iPhoneを探す」をタップ。

「iPhoneを探す」をタップしてオフにします。

iCloud のパスワードを入力して「オフにする」をタップ。

「iPhoneを探す」をオフにできたら、iPhoneのリセットをします。

「一般」の「リセット」をタップします。

「全てのコンテンツと設定を消去」をタップします。

「今すぐ消去」をタップします。

「iPhoneを消去」をタップします。

リセットが終わるとiPhoneに「Hello」と表示されます。

iPhoneのデータを復元する

iPhoneのリセットが終わったら、そのままデータの復元をしていきます。

iPhoneをiTunesに接続したままにしておくと、以下のような画面になります。

「このバックアップから復元」を選択し、「続ける」をクリックします。

バックアップした時のパスワードを入力します。

キーチェーンに保存してあると自動的に入力されます。「OK」をクリック。

iPhoneの復元が始まります。

この時iPhoneではこのような画面になっています。

iPhoneの復元が終わりました。iPhoneが再起動されます。

このあとは、「続ける」をタップして、iPhoneのパスワードや、Apple ID の入力など初期設定のようなものをしていきます。

バックアップの復元をしているのにここらへんは、再設定が必要のようです。

iPhoneの復元直後のホーム画面の様子です。

アプリが再ダウンロード中ですが、ホーム画面の配置や設定など、リセット前と同じ環境で復元されています。

僕はLINEモバイルですが、APNの設定も復元されていました。

もちろんLINEのトークや、写真なども完全に元通りです。

このように一見難しそうなiPhoneのクリーンインストールですが、わかってしまえばそんなに難しくないので、データのバックアップのついでにやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク