iOS11で勝手にWi-FiとBluetoothがオン(接続)になる現象について

iOS11について、コントロールセンターからオフにしたにも関わらず、勝手に「Wi-Fi(ワイファイ)」や「Bluetooth(ブルートゥース)」がオン(接続)になるので、その現象について調べてみました。

スポンサーリンク

勝手にWi-FiとBluetoothがオンになる現象について

気づいたのはつい最近なのですが、コントロールセンターから「Wi-Fi」

をオフにしたのに、いつの間にかオンになっているということが何度かあったんです。

最初は気のせいかなと思って、そのたびにオフにしていたんです。

何度も続くとさすがにちょっと変だなと・・・

色々いじっていると、再起動したり時間が経つと勝手に接続されているようなんです。

おかしいなと思って調べてみると、この現象は実は不具合ではないことがわかりました。

iOS11の仕様でこうなった

実はiOS11の仕様で、コントロールセンターから「Wi-Fi」や「Bluetooth」をオフにしてもある条件でまた再接続することがわかりました。

その条件は次のとおりです。

  • コントロールセンターで Wi-Fi をオンにする。
  • 「設定」>「Wi-Fi」で Wi-Fi ネットワークに接続する。
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208086

アップルのサポートページでしっかりと説明がありました。

なるほどね〜。こんな妙な仕様が追加されていたんですね。

まあ、コントロールセンターから「Wi-Fi」をオフにしても、一時的なことが多いので慣れればこの方が便利かもしれません。

外出先で余計なWi-Fiに接続してしまって、設定をオフにしたときも、自宅に戻ると自動的にオンになってくれれば、設定し忘れることも少なくなりますね。

完全にオフにする方法は?

でもこんなんじゃ嫌だ!どうしてもオフにしたままにしたい!

という方もいると思います。

その場合は、「設定」アプリからオフにすることで、再接続しないようにすることができます。

「設定」アプリから「Wi-Fi」と「Bluetooth」の設定からスイッチをオフにすると再接続されなくなります。

このように「Wi-Fi」をオフにします。

「Bluetooth」もオフにします。

このように「オフ」と表示されればOKです。

すると、コントロールパネルでは、このように「Wi-Fi」と「Bluetooth」のアイコンに斜線が入ったようになります。

このアイコンになると自動的にオンになることはありません。

自動的にオンになると、バッテリー持ちにも影響するので不要な設定はオフにしておくといいですね。

さいごに

最初は不具合だと思っていた

「Wi-Fi」と「Bluetooth」の自動接続問題ですが

まさかの仕様だということがわかりました。

使い方によっては便利だと思われますので、使用状況によって

使い分けていきたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク