[Yosemite]無料でOSX10.10からiPhoneの画面を動画で録画する方法

OS X 10.10 Yosemite では OS に標準でインストールされている Quicktime を使って iPhone の画面を動画で録画できるそうです。

もしそうなら、この前リフレクターというMac でiPhone の画面を録画できるソフトを買ったんですが、これが必要なかったことになってしまいます(笑)

その真偽を確かめるべく、早速やってみました。

Ios81 20141021 308

スポンサーリンク

Yosemite で iPhone の画面を録画するためには、iPhone とMac をLightningケーブルで接続し、QuickTime Player というソフトを使って録画します。

Ios81 20141021 300

QuickTime Player は Launchpad の「その他」の中に入っています。

Ios81 20141021 301

QuickTime を起動したら、メニューから「新規ムービー収録」をクリック。

Ios81 20141021 302

QuickTime 中央の矢印で指しているところから「iPhone録画」のための設定をします。

カメラとマイクをそれぞれ「iPhone」に設定します。

Ios81 20141021 304

録画開始ボタンをクリックすると、iPhone の録画が開始されます。

Ios81 20141021 305

録画を停止するときは、録画ボタンをクリックします。

Ios81 20141021 306

後は左上の「X」ボタンを押してファイルを保存します。

Ios81 20141021 309

たったこれだけの操作で「iPhoneの録画」ができてしまいました。これはリフレクターやばいですね。

Ios81 20141021 307

これは実際に iPhone の画面を録画した動画です。画面収録ソフトにありがちなスタータスバーが変色するとか、画面の遅延、音声ズレもありません。ちゃんとゲームなどの音声もバッチリ収録されています。パズドラのプライ動画の撮影も問題なくできそうです。さすが純正ソフトですね。

ほんとにリフレクター使わなくなるかも・・・

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク