Mac で iPhone を接続した時にイメージキャプチャを起動しないようにする設定

iPhone を Mac に接続すると自動的にイメージキャプチャが立ち上がりますよね。僕はブログを書くためにイメージキャプチャが起動するととても便利なんですが、そうでない場合もあると思うので、自動的にイメージキャプチャが起動しないようにする設定を紹介します。

Paz 20140715 001

スポンサーリンク

iPhone を接続した時に起動するイメージキャプチャの左下のこの部分をクリックします。

Paz 20140715 002

すると、iPhone を接続した時に開く動作設定が表示されます。この部分をクリックします。

Paz 20140715 003

メニューが開き、選択できるのでこの中から「割り当てなし」を選びます。

Paz 20140715 004

これで、iPhone をMac に接続した時に自動でイメージキャプチャが起動しなくなりました。

Paz 20140715 005

イメージキャプチャを自動起動にする方法

今度は逆に、自動起動をオンにする方法です。iPhoneを接続してもイメージキャプチャが起動しないので「Lounchpad」からユーティリティを開き、その中にある「イメージキャプチャ」をクリックして起動します。

Paz 20140715 006

自動起動をオフにした時と同じように、今度は「イメージキャプチャ」を選んで設定完了です。

Paz 20140715 007

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク