iMovieを使って動画を結合する方法

Mac版iMovieで複数の動画を結合して1つにする方法です。

スポンサーリンク

動画を結合する方法

iMovieのバージョンアップでいろいろ仕様変更があったようです。

最新版のiMovie10.1.9での結合方法です。(2018年6月3日時点)

iMovieを起動して、プロジェクトを開き、「新規作成」をクリックします。

「ムービー」をクリックします。

iMovieのウィンドウの下部分に結合したい動画をドラッグします。

1つ目の動画が取り込まれたら、続けて結合したい動画を1つ目の後ろにドラッグします。

2つ目の動画も読み込まれました。まだ結合したい動画がある場合は同様にドラッグします。

すべて結合したら、iMovieの右上にあるアイコンをクリックします。

すると保存方法を選択できるので、今回は「ファイル」を選択します。

動画の詳細を決定します。

  • 名称
  • 説明
  • フォーマット
  • 解像度
  • 品質
  • 圧縮

今回はDVDに書き込む予定なので、解像度を720pに変更しました。

詳細を決定したら、「次へ」をクリックし、保存場所を決定して「保存」をクリックします。

動画の書き出しが終了したらこのような通知が表示されます。

結合した動画が完成しました。

このままダブルクリックするとクイックタイムで再生することができるし、DVDに書き込んだりiPhoneに転送して視聴することも出来ます。

DVDに書き込みする方法

iMovieで作成した動画をDVDにする場合は、「Burn」という無料のアプリで作ることが出来ます。

詳しい作成方法はこちらの記事を参考にしてください。

Macで無料でDVDを作成する方法

iPhoneやiPadに転送する方法

作成した動画をiPhoneやiPadで見る場合は、AirDropを使って転送すると便利です。

MacからiPhoneやiPadに写真や動画を転送する方法

バージョン10.0.2以下の作成方法

以下は「iMovie 10.0.2」の時の方法です。

まず、iMovieを起動します。

Imovie 0405 001

iMovieのメニューから「ファイル」「新規ムービー」をクリックします。

Imovie 0405 002

テーマを選択して「作成」をクリックします。

Imovie 0405 003

名前を入力して「OK」をクリックします。

Imovie 0405 004

結合する2つの動画ファイルを用意しました。

Imovie 0405 005

1つ目の動画ファイルを、iMovieウィンドウの右下の位置にドラッグします。

Imovie 0405 006

次に2つ目の動画ファイルを、先ほどドラッグした動画の後ろにドラッグします。

imovie_0405_007-1

2つの動画ファイルを結合します。

iMovieの上の方にある、「共有」の中の「ファイル」をクリックします。

Imovie 0405 008

「次へ」をクリックします。

Imovie 0405 009

保存先とファイル名を決めて「保存」をクリックします。

Imovie 0405 010

処理中はiMovieの右上に進行状況が表示されます。

Imovie 0405 012

このように円グラフアイコンが表示されます。

Imovie 0405 013

処理が終わると、「共有は正常に終了しました」とポップアップされ、結合された動画が自動的に再生されました。

Imovie 0405 014

これで、動画の結合が完了しました。思ったより簡単でした。

ただし、iMovie10では作成動画のアスペクト比が選択できないようで、出来た動画はすべて16:9で出力されるので注意が必要なようです。

これから撮影する動画は16:9で撮影したほうがいいのかな?

今回の動作環境

  • iMac 2011
  • OS X 10.9.2 Mavericks
  • iMovie 10.0.2

今回の内容を動画で公開

今回の作業内容をYouTubeで公開しています。

スポンサーリンク