Macで作った圧縮ファイルをウィンドウズへ渡すときに時に不要なファイルを作らない方法

こんばんは、くろさるです。

Mac OS X Finder の標準の機能で、ファイルまたはフォルダを圧縮することが出来ますね。

Win zip 001

スポンサーリンク

でも、この方法だとウィンドウズで開いた時にMacの隠しフォルダである「_MACOSX」というフォルダも一緒に圧縮して入ってしまいます。

Win zip 012

これを防ぐ為に、「MacZip4Win」というアプリを使いました。

Win zip 006

「MacZip4Win」はこちらのサイトからダウンロードしました。

MacZip4Win | YNOMURA.COM

「MacZip4Win」はAppStoreのアプリではないのでコンテキストメニューから起動します。

Win zip 008

圧縮したいフォルダを「MacZip4Win」にドラッグします。

Win zip 011

出来た圧縮ファイルをウィンドウズで解凍して開いてみると、このように不要なファイルが出来ませんでしたね。

Win zip 013

これで、ウィンドウズのパソコンを持っている知人に圧縮ファイルを渡すときなどに、余計なファイルまで圧縮しなくて済むようになりました。Macで圧縮するとたまに文字化けもしてしますので、これも防ぐことが出来るようですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク