大量になってしまったLaunchpadのアイコンを整理する方法

スポンサーリンク

こんばんは、くろさるです。

OS X 10.7 LionからMacに標準搭載されているLaunchpadですが、アプリをたくさんインストールしていくとごちゃごちゃになって、ドコに何があるかさっぱりわからなくなります。

僕のMacはまだ、あまりアプリが入っていませんがそれでも目的のアプリを探すのにてまどうときがあります。

そこで、Launchpadのアイコンを少し整理してみました。

Lcont 12

 

LaunchpadはOS Xの標準の機能では整理できないので、「Launchpad-Control」というアプリを使って行います。「Launchpad-Control」を使うとアプリをアンインストールすることなくLaunchpadからアイコンを非表示にすることができます。

 

ここから「Launchpad-Control」のサイトにアクセスします。

Launchpad-Control
Launchpad-Control is a small tool which allows you to easily hide/unhide apps (and groups) from Launchpad in Mac OS X Lion. This simple utility, which operates...

Lcont 01

 

 

 

「Launchpad-Control」のサイトにアクセスしたら下にスクロールして「Download」をクリックします。

Lcont 02 1

 

ダウンロードが終わったら「Launchpad-Control.perfpane」を開きます。

Lcont 03

 

 

「インストール」をクリックします。通常のアプリとは違いシステム環境設定にインストールされます。

Lcont 04 1

 

 

「Launchpad-Control」の設定画面です。非表示にしたいアプリのチェックを外します。

Lcont 05 1

 

 

すると、ログインパスワードの入力を求められるので、パスワードを入力して「OK」をクリック。

Lcont 06

 

 

非表示にしたいアプリのチェックが外れました。その後、「Apply」ボタンをクリックして設定完了です。

Lcont 07 1

 

 

いろいろ使わないアプリを非表示にして、こんなにLaunchpadがスッキリしました。これならアプリをすぐに探し出せて便利になりました。

Lcont 09

 

 

次回以降「Launchpad-Control」を開きたいときは「システム環境設定」の中にアイコンがあります。

Lcont 10

 

 

非表示にしたアプリを使いたいときは、Finderでアプリケーションフォルダを開くと、今までどおりインストールしたアプリがあるのでそこから起動できますよ。

Lcont 13

スポンサーリンク
iMac
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kurosaruをフォローする
スポンサーリンク
デジさる