Mac(OS X)で隠しファイルやフォルダを表示する方法

こんばんは、くろさるです。

以前ウィンドウズとマックでハードディスクを共有すると隠しファイルが作成されて困るといった記事を書きましたが、やはりマックでも隠しファイルが表示されないとちょっと不便だったので、隠しファイルを表示するように設定してみました。

隠しファイルを表示するために今回も「ターミナル」を使いました。

「ターミナル」はLounchpad の「その他」に入っています。

ss_ta.jpg

スポンサーリンク

「ターミナル」上でこのように入力して、リターンキーを押します。カットアンドペーストでも大丈夫です、

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true

次にこのコマンドを入力してリターンキー。

killall Dock

Kakusifile 01

すると、以前は見えなかった隠しファイルですが、

Kakusifile 02

このように、隠しファイル、隠しフォルダが見えるようになりました。Mavericksのユーザーフォルダですが、こんなにあったんですね。

Kakusifile 03

ちなみに、元通り隠しファイルを見えなくするには、ターミナルでこのように入力します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false

killall Dock

「true」の部分が「false」に変わりました。

今回の方法は、最新の「OS X Yosemite 10.10.4」で動作確認済みです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク