MacとWindowsでハードディスクを共有するにはexFATのフォーマットがオススメ

こんばんは、くろさるです。

Macに乗り換えて1年以上たちましたが、Macにしたことで何が困るってハードディスクをウィンドウズ機と共有しにくいこと!

外付けハードディスクを買うと大抵FAT32でフォーマットされていますが、それでは4GB以上のファイルを扱えないのでWondowsではNTFSでフォーマットして使うのが多いですよね。

NTFS HDD 1

スポンサーリンク

でもMacだとNTFSは読み込みできるけど、書き込みができない。

Macで標準のHFS+「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」ではWindowsが書き込みできない。

HFS

かといってFAT32ではちょっと不便な時がありますね。

そこで登場するのが「exFAT」というフォーマットです。

もともとはUSBメモリーやSDカードなどのリムーバブルメディアで使うためにマイクロソフトが開発した形式で、これでハードディスクをフォーマットするとMacでもWindowsでも扱え、さらに4GB以上のファイルも記録可能。(ただしWindowsVista以降、WindowsXPでexFATを扱うにはシステムの更新が必要です。)

ただしexFATはアクセス権を設定できないとか、読み書きのスピードが遅いとかのデメリットがあるようですが、そこら辺あまり気にしないのならOKですね。

ハードディスクをexFATでフォーマットする方法

Launchpadから「その他」ー「ディスクユーティリティ」を起動します。

Exfatfomat03

  1. 「消去」タブを選択、
  2. フォーマットを「exFAT」に設定、
  3. 「消去」ボタンを押すとexFATにフォーマットすることができます。

Exfatfomat02

大容量ファイルを移動するにはやはりハードディスクが便利なので、MacとWindowsで共有できるのはありがたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク