OS X Mavericks の隠し壁紙をランダムに表示してみた

こんばんは、くろさるです。

MAC OS X Mavericks にはデフォルトで使える壁紙以外の、高画質の壁紙が隠されているそうです。

Mavericksで通常インストールされているのは通常「デスクトップとスクリーンセーバ」から確認できますが、これ以外にも高画質壁紙がMavericksに隠されているようです。

109wall 01

スポンサーリンク

高画質壁紙のフォルダの場所

壁紙の保存されている場所を開くには、Finderから「control + クリック」で「フォルダへ移動」をクリックします。

109wall 02

「/Library/Screen Savers/Default Collections/」と入力し「移動」をクリック。

109wall 03

すると4つのフォルダが表示されます。その中の1つを開いてみると・・・

109wall 10

壁紙用の画像ファイルがどっさりとありました。

109wall 04

ほかのフォルダも開いてみます。

109wall 05

109wall 06

109wall 07

計43枚もの高画質画像がありました。その中の1枚です。

すべて3200×2000ピクセルで保存されているのでiMacの大画面でもOKですね。

NatGeo01

壁紙をランダム表示してみる

これらの高画質壁紙、1枚1枚壁紙に設定することもできますが、デフォルトの壁紙と同じようにランダムで表示したいですよね。画像ファイルとピクチャフォルダにコピーすることもできますが「デスクトップとスクリーンセーバ」に登録してランダム表示してみました。

「システム環境設定」「デスクトップとスクリーンセーバ」から「+」をクリック。

109wall 01

先ほどのフォルダを指定して「選択」をクリック。

「ライブラリ」「Screen Savers」「Defaulr Collections」「1-National Geographic」と選択します。

109wall 08

ほかの3つのフォルダも登録して、「ピクチャを変更」「ランダムな順序」にチェックを入れます。

109wall 09

これで各紙壁紙をランダム表示に指定できました。

でもこの壁紙、どうしてデフォルトで登録されていなかったんでしょうね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク