New ニンテンドー 3DS LL のメモリーカードを交換する方法

New ニンテンドー 3DS LL のメモリーカードを大容量のものに交換してみました。

20150110 200

スポンサーリンク

New ニンテンドー 3DS LL には標準で4GBのメモリーカードが付属されていますが、これを大容量のものと交換してみます。

まず、上の写真のようにメモリーカードを交換する前に3DSの電源を切ります。

次に3DSのメモリーカードを取り外すには本体裏のネジを緩めてカバーを外す必要が有ります。2カ所のネジを精密ドライバーのプラスで緩め、カバーを外します。

20150110 202

背面カバーが外れました。

中央の窪みにあるのがメモリーカードです。左にあるのはバッテリーですね。

20150110 203

メモリーカードは爪で奥に一回押してやると取り外すことができます。

20150110 204

メモリーカードが取り外せました。入っていたのは4GBのmicroSDカード。

20150110 206

これをSDカードアダプターに入れてMacで読み込みます。

20150110 208

Macに挿入!

20150110 209

メモリーカード内には二つのフォルダがありました。これを新しいメモリーカードにコピーしてやります。

2015 01 10 10 09 26

ちなみに、メモリーカードがない状態で3DSを起動してやると、すれちがいMii広場が起動できませんでした。

20150110 211

その他のダウンロードしたゲームも見えなくなっています。「ゼルダのでんせつ4つのつるぎ」だけ例外で本体内に保存されているようです。

20150110 212

コピーし終わったメモリーカードを3DSに戻してやります。新しく使うのはSanDiskの32GBの容量のものです。

20150110 210

メモリーカードを入れて電源オン!すれちがいMii広場が起動しました。

20150110 214

ダウンロードしたゲームも出てきましたね。

20150110 213

以上、結構簡単に交換できました。大容量のメモリーカードに交換すると多くのゲームや動画、写真を保存できたり、高速なメモリーカードを使うとゲームの起動が速くなったりして快適になります。体験版のゲームなんかダウンロードしているとすぐに純正のメモリーカードでは足りなくなってしまうので、早めに交換しておくといいかもしれないですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク