amazonプライムリーディングの使い方とKindle unlimitedとの違いについて

2017年10月5日。 amazon.co.jp がプライム会員向けの新サービス「Prime Reading(プライムリーディング)」を開始しました。

プライムリーディングはamazonのプライム会員になっていると、対象本を無料で読めるようになるサービスです。

今までにも「Kindle unlimited」という読み放題のサービスがありましたが、それとは何が違うのでしょうか。またプライムリーディングの使い方についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

amazonプライムリーディングとは?

Prime Reading(プライムリーディング)は、amazonのプライム会員(年間3900円)に加入していると無料で受けられるサービスで、対象商品が無料で何冊でも読み放題になります。

昨日サービス開始ですが、2017年10月6日午前6時現在で896冊が対象になっているようです。

どんな端末で読めるのか?

プライムリーディングの電子本を読める端末は、スマホやタブレット、パソコンでも利用可能です。

僕のiPhone 6s でもamazonの購入ページから手続きをすることで、すぐにkindleアプリから本をダウンロードできるようになりました。

このとおり最新号の雑誌をダウンロードして読むことができるようになりました。

すごいですね。

対象本の種類は?

どんな本が読み放題になっているのか気になるところですよね。

amazonで確認してみると、こんなジャンルがありました。

  • 小説・評論
  • ビジネス・経済
  • 趣味・暮らし
  • 絵本・児童書
  • コミック
  • 雑誌
  • 洋書
  • その他

最近出た本では、池井戸潤の神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズや辻村 深月のパッとしない子などが対象になっています。

これだけでも利用してみる価値はありますね。

Kindle unlimitedとの違いについて

以前からamazonではKindle unlimitedという読み放題のサービスがありましたが、これとは何が違うのでしょうか。

Kindle unlimitedは一ヶ月980円の有料のサービスで、対象本が約183万冊と圧倒的にこちらの方が多いです。(2017年10月6日現在)

僕も最近 fire HD 8 を購入したので、加入を考えていました。

しかし、プライムリーディングが開始されたので、

プライムリーディングの方を試してみてから、考えようかという気になりました。

amazonの方でも、プライムリーディングで利用者を増やして

気に入ってくれれば、Kindle unlimitedを契約してくださいという作戦なんでしょうね。

ただ、プライムリーディングも今後対象商品が増えてくることが予想されるので、プライムビデオのように、特別購入しなくても満足できているユーザーはそのままの利用で済ませられるかもしれません。

対象作品数については今後に期待です。

さいごに

amazonプライム会員なら無料で受けられる新サービス「プライムリーディング」。

既に会員になっているなら利用しない手はありませんね。僕も今のうちに端末にダウンロードしておいて後で読んでみようと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク