8月29日の北朝鮮ミサイルの落下地点と通った場所は?

2017年8月29日。

北朝鮮が日本の方向にミサイルを発射しました。

午前6時2分にJアラートが発生し、話題になっています。

スポンサーリンク

発表によると、今回発射されたミサイルは、北朝鮮から発射され北海道上空を通過し、襟裳岬東方1180kmの地点へ落下したということです。

襟裳岬は北海道の南に位置し、観光名所でも有名です。

Jアラートの対象地域は以下の11の地域。

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 新潟県
  • 長野県

ミサイルの落下場所は、襟裳岬から東方1180キロということなので

ざっくりと地図で見てみるとこういう弾道になります。

函館の近辺や、道南地方をしっかり通っているようです。

政府の発表では、6時12分ころに太平洋上に3つに分かれて落下したようです。

3つの破片に分かれたということで、3段式ロケットと予想されるようです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク