[コード80248015]でWindows Update更新できない不具合が発生

2017年12月4日より「Windows Updateで新しい更新プログラムを更新できませんでした」

「コード 80248015 Windows Update で不明なエラーが発生しました。」というエラーが出て正常にアップデートできない不具合が発生していたようです。

スポンサーリンク

コード 80248015 のエラーについて

この「コード 80248015」のエラーは、マイクロソフトが ExpiryDateというWindowsUpdateの「有効期限の更新」をしていないため起こったようです。

現在は、有効期限を更新したため、通常どおり更新できるようになったようですが、こんなうっかりミスが起こることがあるんですね。

実は2014年にも同様のエラーが発生したいたようです。

エラーの回避方法について

現在はマイクロソフトが対策をして正常にアップデートできるようになっているようですが、まだ正常にアップデート出来ない時は、パソコンの日付を平成29年12月3日まで戻してウィンドウズアップデートをするとアップデートできるようになるようです。

つい先日iOS11.1.3 で日付関連の同様の不具合が出ていましたが、ウィンドウズでもこんなエラーが出ていたとは驚きです。

日付関連で懐かしいところでは2000年問題ですが、再来年の元号が変わるときも色々トラブルが発生しそうでちょっと不安ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク