macOSのアップデートを勝手にしない更新通知を消す方法について

スポンサーリンク

macOS ではアップデートがあると、自動的にアップデートファイルがダウンロードされて、更新するかどうか通知する設定になっています。

この自動アップデートの設定をオフにして、勝手にアップデートしないようにする「自動アップデートをオフにする」設定方法です。

「システム環境設定」を開きます。

 

「ソフトウェア・アップデート」を開きます。

 

「詳細」を開きます。

 

「アップデートを確認」のチェックを外します。

 

macOSのログインパスワードを入力して「ロックを解除」をクリックしまうs。

 

「OK」をクリックします。

 

すると、「Macを自動的に最新の状態に保つ」のチェックは外れているはずです。

 

これで、アップルでmacOSの更新があっても、通知や自動的にアップデートのダウンロードが開始されることはなくなりました。

 

ただ、OSのアップデートはセキュリティ上必要な場合もありますので、通知をオフにしても定期的に己心をチェックして最新の状態に保つようにしたいですね。