macOSの標準メールアプリでGmailを登録する方法

macOSの標準搭載の「メール」アプリにGmailを登録して送受信できるように設定する方法です。

スポンサーリンク

Launchpadからメールアプリを起動します。

メールアプリが起動しました。

macOSのメニューから「メール」→「アカウントを作成」をクリックします。

Googleを選択して「続ける」をクリックします。

Googleのログイン画面が表示されるので、ログインします。

まずは、お持ちのGoogleアカウントの@マークの前の部分を入力し、「次へ」をクリックします。

次にGoogleアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

ログインが成功したらこの画面になるので「次へ」をクリックします。

これでGmailno登録が完了しました。

Gmailを表示するには、矢印の「メールボックス」をクリックします。

iCloudとGoogleのメールボックスがあったので、GoogleをクリックするとGmail受信メールが表示されました。

Gmailをメールアプリに登録すると、次回送受信したあとに未読メールがあると、メールアイコンの上に赤いバッジが表示されるようになります。

これは未読メールが1通あるということです。

Gmailからメールを送信する方法

メールアプリに登録したGmailから新規メールを作るには、Gmailの受信ボックスを表示したまま、メニューから「ファイル」ー「新メッセージ」をクリックしてください。

すると差出人がGmailの新規メールを作成することができます。

新規メッセージに件名と本文を書き、宛先を入力したら、矢印の送信ボタンをクリックするとメールを送ることができます。

また、添付ファイルは矢印のクリップアイコンから追加可能。ファイルを本文に直接ドロップしてもメールに添付することができます。

スポンサーリンク