VirtualBoxを使ってMac OS X 10.11 El Capitan にWindows10をインストールする方法

無料の仮想デスクトップソフト「VirtualBox」を使ってMacBook Proに「Winndows10」をインストールしてみました。

Mac 201510017 047

スポンサーリンク

VirtualBoxは、パソコン上に仮想環境を作り、異なるOSを使えるようにしてくれるフリーソフトです。

Windows版、Mac版、Linux版があります。

今回はMac版を使い、OS X 10.11 El Capitan 上で Windows10 を使えるようにしてみました。

まずは、仮想環境ソフト「VirtualBox」をEl Capitanにインストールします。

ソフトはここからダウンロードします。

https://www.virtualbox.org

「DownLoad VirtualBox5.0」をクリック。

Mac 201510017 001

OS X 版をダウンロードします。矢印の「amd64」というところをクリックするとダウンロードできます。

Mac 201510017 002

ダウンロードしたファイルを開きます。

Mac 201510017 003

pkgファイルをダブルクリックしてソフトをインストールします。

Mac 201510017 004

インストールが完了したら、VirtualBoxを起動。

Mac 201510017 011

新規をクリック。

Mac 201510017 012

適当な名前を入力し「続ける」をクリック。

Mac 201510017 014

後の設定はデフォルトのまま進みました。

Mac 201510017 015

Mac 201510017 016

Mac 201510017 017

Mac 201510017 018

Mac 201510017 019

ホントに何も設定変更せずにここまできました。

こっからは光学ドライブにWindows10のインストールディスクをセットして「起動」をクリックしました。

Mac 201510017 020 1

今回はInsiderPreview版のWindows10をインストールします。

インストールディスクをセットし、「Start」をクリック。

Mac 201510017 021

Windows10のインストールが始まります。以降は指示に従いインストールを続けます。

Mac 201510017 023

今回はWindows7のプロダクトキーを使いランセンス認証を行いました。

Windows10 InsiderPreview 10565 からはWindows7、8、8.1のプロダクトキーでもWindows10のクリーンインストールができるようになっています。

Mac 201510017 026

無事にEl Capitan 上にWindows10がインストールできました。

こんな風にOS X のデスクトップで Windows10を使うことができます。

2015 10 17 16 54 25

MacではBootCampを使いWindowsをインストールすることができますが、仮想ソフトを使うと再起動をすることなく、OS Xを使用しながらWindowsを操作することができるので便利です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク