OS X 10.11 El Capitan のインストールディスクをUSBメモリで簡単に作る方法

Mac OS X 10.11 El Capitan のインストールディスクをUSBメモリを使って作る方法です。

El usb 002

以前は、OS X のインストールディスクを作るのにターミナルを使い、難しいコマンドを打って作っていたんですが「DiskMaker」というソフトを使うと、簡単に作ることができるようなので実際にやってみました。

スポンサーリンク

用意するものは8GB以上のUSBメモリと、「El Capitan のアップデートファイル」です。

「El Capitan のアップデートファイル」App Storeから無料でダウンロードできるので予めダウンロードしておきます。

El Capitan のインストールディスクを作るために使うソフトは「DiskMaker」と言います。海外のソフトで、無料で使うことができます。

このサイトからソフトをダウンロードします。

DiskMaker X

El usb 015

DiskMakerを起動すると、選択肢が出てくるので「El Capitan(10.11)」を選びます。

El usb 003

次に「このファイルを使用」をクリック。

El usb 004

インストールディスクを作るために8GB以上のUSBメモリが必要です。

El usb 005

このように8GB以上のUSBメモリをMacに接続し、「容量8GB以上のUSBディスク」をクリックします。

El usb 001

USBメモリを選択して「このディスクを選択」をクリック。

El usb 007

「内容を消去してディスクを作成」をクリック。

El usb 008

「続行」をクリック。

El usb 009

Macのログインパスワードを入力して「OK」をクリック。

El usb 010

インストールディスクが作成されます。

El usb 011

作成時間は結構長いです。

El usb 012

20〜30分後インストールディスクが完成します。

出来たインストールディスクは、USBメモリをMacに挿入し、「option」キーを押しながら起動すると起動メニューが立ち上がります。

そこで「Install OS X El Capitan」を選択するとEl Capitan をインストールすることができます。

El usb 016

最近は1000円程度で8GBのUSBメモリは購入できるので、専用にして保存しておいてもいいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク