LINE 花火 2018年バージョンの隠し機能について

昨年2017年8月に初めて公開された、iOS版LINE(ライン)のトーク画面で「花火」と送信すると背景に花火が打ち上がる隠し機能が、今年2018年でも公開されたようです。

スポンサーリンク

このLINEの隠し機能は、2017年に初めて実施されたもので、花火以外にもハロウィンクリスマスオーナメントなど、イベントごとに公開されて来ました。

しかしクリスマスを最後にしばらく公開されていなかったので、もう出てこないのかなと思っていた方も、多いと思います。

花火の出し方について

この花火の出し方は以前と同じです。

iPhone(iOS版)のLINEで友達に「花火」と送信するだけです。

このようにともだちのトーク画面で「花火」と入力して、送信ボタンをタップします。

すると、自分のトーク画面と送信した相手のトーク画面が暗くなり「花火」が打ち上がります。

この機能は、iPhoneのLINEからiPhoneのLINEに送ると「花火」が出ますが、アンドロイドのLINEからiPhoneのLINEに送るとiPhoneのLINEだけ「花火」がでます。

とても楽しいので。みなさんぜひやって見てください。

花火がでない場合

トーク画面で花火と送信しても花火がでない場合、もしかするとLINEのバージョンが古いのかもしれません。

そんな時は、AppStoreからLineのアップデートをしてみてください。

バージョン7.14.0以降のLINEで花火が出るようです。

ラインアプリの更新方法はこちらの記事を参考にしてください。

iPhone版LINE(ライン)では、アップデートできない。更新できないなどのトラブルがよく起こるようです。これは、iPhoneのア...

LINEのバージョンが最新版でも花火が出ない場合は、本体の再起動、着せかえや背景画像をもとに戻してみてください。

これで花火が出るようになるケースが多いです。

また、この花火機能はiPhoneやiPad、iPos touchなどのiOS版LINEだけの隠し機能です。

アンドロイド版は、できませんので注意してください。

花火の種類について

出てくる花火の種類は、僕が確認できたのは、コニー、ブラウンとサリー(ヒヨコ)の3種類のようです。

特別な法則はなく、何度か試していると3種類のうちのどれかが出てくるという感じのようです。

この、コニーと最初の画像のサリーの3種類です。

花火以外でできる言葉はあるの?

トーク画面で「花火」と入力すると背景に花火が出るこの隠し機能ですが、「花火」以外にもできる言葉はあるのでしょうか?

実は、「花火」以外には「firework」と送信しても花火が出るようです。

「firework」は英語で花火を表す言葉です。

みんな「花火」しか知らないと思うので「firework」と打ったらびっくりしますね。

他には昨年だと花火の絵文字を入れると花火が上がったんですが、今年は絵文字はダメなようです。

2018年は「花火」と「firework」の2種類のようですね。

この花火機能はいつまでできるのか?

昨年は、8月15日から8月31日まで花火が上がることが確認できました。

終了時期については、公式には発表されておらず未定です。

しかし、終了時期について、昨年の発生時期を参考に考えてみました。

今年は昨年より開始時期が半月ほど早いですが、終了は昨年と同時期だと考えると、今年も8月31日まで花火が上げられるのではないかと思われます。

まとめ

  • 2018年のLINE花火機能は、7月27日に開始
  • 終了時期は未定だが、去年は8月31日だった
  • 花火の種類はコニー、サリー、ブラウンの3種類
  • 花火以外に「firework」でも花火が出る
  • 花火が出ないときは最新版に更新、アンドロイド版は出ない

まだしばらく続くと思われるこの花火機能、いっぱい友だちに送って楽しんでくださいね。

スポンサーリンク