LINEアプリを開くと真っ暗になるフリーズする時の対処方法について[LINE 8.5.0]

2018年4月18日に公開されたiOS版LINEのアップデート8.5.0をインストールすると、アプリが起動しなくなったり、画面が真っ暗になる、フリーズするなどの不具合が起こっているようです。

スポンサーリンク

不具合が起こるLINE 8.5.0について

不具合が多数報告されているLINEのバージョンは、2018年4月18日に公開された「バージョン 8.5.0」です。

  • LINE 8.5.0では、次のような更新をしています。トークルームで受信した画像をすぐに編集して送り返せるように改善
  • 1:1トークルーム内の+メニュー/ビデオ通話に、顔で遊べる[Face Play]が登場
  • タイムライン投稿画面から、スライドショーを作成できる機能を追加

不具合の対処方法について

今回のこの不具合については、公式サイトでもまだ発表がなく、現状アップデートしないといった対策しかないようです。

もしバージョンアップしてしまった場合には、iPhoneの再起動や、何もしなくても直った等、不具合に統一性も無いようです。

しかし、アプリの再インストールや本体の初期化などを試すとトークのバックアップができない場合、トークが消えてしまう可能性があるので、修正版のLINEの公開を待ったほうがいいかもしれません。

もし、iPhone等で不具合が起こってしまった場合は、パソコンにPC版のLINEをインストールしてあると、パソコンでLINEの通知を確認することができます。

ただ、これも初回起動する場合はスマホ版の起動確認が必要なので、今までパソコン版を使ったことがない場合は使えません。

以下が、現状できる対処方法ですが、3以降はトークが消える可能性があるのでおすすめできません。

  1. アプリを終了する
  2. iPhone本体の再起動
  3. アプリを取り除く(削除ではない)
  4. 削除してから再インストール
  5. 本体を初期化してからLINEを再インストール

基本的に現在は対策版の公開を待つのみだと思われるので、しばらく様子を見ることをオススメします。

追記 2018年4月19日

バージョン8.5.0の不具合を解消した LINE 8.5.1 が公開されました。

AppStoreからダウンロードできますので、アプリが起動できない場合は試してみてください。

LINE 8.5.0の不具合を直す方法について

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。