LINEが7.14.1にアップデート!不具合やエラー評判について

本日2017年10月30日、iPhone版LINEがバージョン「7.14.1」にアップデートしました。

前回のアップデートから、わずか1週間での更新となりましたが、アップデートして大丈夫なのか実際に更新して試してみました。

スポンサーリンク

iOS版LINE 7.14.1 について

iOS(iPhone)版LINE バージョン 7.14.1 は2017年10月30日の昼ころに更新されたようです。

アップデートファイルの容量は173MB。

更新内容はトークルームや着せかえ、その他のバグの修正ということです。

バージョン 7.14.1

正しくトークルームが表示されないなどの原因となった、着せかえの更新の問題に対応

その他バグの修正

今のところ、ツイッターなどでも大きな不具合を訴えている人も見当たらないでので、大丈夫そうですが、実際に自分の端末でも更新してみたいと思います。

LINE 7.14.1 にアップデートしてみた

LINE 7.14.1へ実際にアップデートしてみます。

AppStoreからLINEをアップデートしましょう。

AppStoreをひらくと何故か、新しいバージョンが来ているのに「開く」のボタンだったので、これではアップデートできませんね。

こんなときは、アップデート一覧の画面で下にスワイプしてみるとアップデートボタンが出るようになります。これはわりと頻繁にある現象なので覚えておくと良いですね。

アップデートボタンが出てきた所で、実際にアップデートしてみましょう。

7.14.1 にアップデート完了しました。

LINE 7.14.1 のバグやエラーはあるのか?

実際に 7.14.1 にアップデートしてみましたが、起動やトークの送受信、LINE電話等僕の端末では問題はなさそうです。

アップデート自体は問題なさそうですが、念のため、ハロウィンで遊びたいのでなければ無理してすぐアップデートすることはないと思います。

不具合がひどい、ハロウィンで遊びたいという人だけアップデートしてもいいんじゃないでしょうか。

個体差があるので、みんなが問題なくてもいきなりフリーズって言う可能性もあるので気をつけて下さい。

まとめ

バグや不具合解消の為の7.14.1はとりあえず問題なさそうです。

でも今週は「iOS11.1」もありそうなので、あまりアプリのアップデートはしまくらないほうが良さげかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク