LINEで強制終了を修正したバージョン「7.11.1」を公開!これで不具合解決か?

先日公開されたiPhone(アイフォン)版LINE(ライン)で強制終了する不具合があった「7.11.0」を修正したバージョン「7.11.1」がリリースされました。

前バージョンのLINE「7.11.0」ではアップデート直後に「LINEが落ちる」「起動しない」「開かない」「返信できない」等の不具合を出していますが、今回は大丈夫なんでしょうか。

実際に自分でLINEをアップデートしてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

バージョン 7.11.1 について

バージョンLINE「7.11.1」が公開されたのは本日2017年9月16日のお昼頃。

アップデートはiPhone のアプリ「AppStore」から行うことが出来ます。

ファイル容量は170MB。

新機能は次のように書かれていました。

特定バージョンのiOS でアプリが強制終了する不具合を修正しました。LINEのバージョンアップをお願い致します。

バージョンアップしてみた

僕のiPhone はバージョン「7.11.0」でも問題なかったのですが、バージョンアップしてみました。

LINEのバージョン表示のところは、更新されず「7.11.0」のままだったので、AppStoreからアクセスしました。

AppStoreからアップデートします。

やっぱりなにかおかしいバージョン 7.11.1

バージョンアップ後LINEを起動してみました。

とりあえず無事起動しました。

でもアプリ内のバージョン表示を確認してみると、

最新バージョンが「7.11.0」で現在のバージョンが「7.12.0」と表示されています。

なんだこれ?

LINEの人、慌ててアップデートしてアプリ内で誤字ですね。

iPhone を再起動してみると最新バージョンは「7.11.1」に直りましたが、現在のバージョンは「7.12.0」のままでした。

他にも何かあったら困るので、「7.11.0」で落ちまくって困っていた人以外は、アップデートせずに現状のバージョンで使っていた方が良いと思います。

何かあった時に、iPhone の初期化とか、LINEの再インストールとかをできる人以外はバージョンアップしない方がいいですね。

さいごに

ネットでは、LINEのバージョンアップ後に「不具合が直った」「落ちなくなった」などの声がありますが、「まだ怖くて出来ない」「もっと悪くなったら困る」という人もいるので、本当に困っている人だけバージョンアップを試してみたほうが良さそうです。

ちなみに僕のiPhone6sは「iOS 10.3.2」でLINEを最新版の「7.11.1」に更新しましたが不具合が起こりませんでした。「7.11.0」でも大丈夫でした。

知人のiPhone は「iOS9」の状態でLINEがおかしくなっていたので、古いバージョンのiPhone ほど気をつけたほうが良いのかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク