総務省で「SIMロック解除」の一部義務化が正式決定!来年度にも乗り換えられるようになるかも?

2014年7月14日、総務省は携帯電話会社が他社の通信サービスを受けられないように携帯端末に制限をかける「SIMロック」の解除を義務付けることを決定したそうです。

20140721iphone5s

スポンサーリンク

これが実現すると、通信方式が合えば今持っている携帯端末をどのキャリアでも使えるようになることになります。

例えば僕は今ドコモと契約して「iPhone5s」を使っていますが、端末代金を払い終わった格安で他のキャリア、「au」や「ソフトバンク」に乗り換えることも可能になります。

その他の格安SIMのサービス、例えば「日本通信」「IIJmio」等のMVNOに乗り換える選択肢も十分出てくることになります。今のうちに格安の端末を買っておいてSIMロック解除になったら格安SIMに乗り換えるなんて人も出てきそうですね。

ただ、まだ全ての端末を解除すると決まったわけではなく、具体的な内容はこれからまとめていくということなので注意が必要です。

SIMロック解除義務方針を決定 携帯料金引き下げ期待 格安業者へ乗り換え加速 – MSN産経ニュース

「SIMロック」解除の義務化、総務省が正式決定 年内に詳細案まとめ – SankeiBiz(サンケイビズ)

ドコモ回線のMVNO

MVNOの日本通信のサイト。

日本通信株式会社|国内最大のMSO(Mobile Service Operator)

IIJmio公式サイト。「あいあいじぇいみお」と読むそうです。

IIJmioホームページ

au回線のMVNO

今「au」を使っているなら「au」の回線を使っているMVNOも出てきたので、iPhone以外の端末でもMVNOに乗り換え可能になりましたね。

ケイ・オプティコム、auのLTE網を使った格安SIM「mineo」発表 「DIGNO M」とのセットプランも – ITmedia Mobile

ただ、携帯電話会社もSIMロック解除を黙ってみているわけはなさそうです。実際、既にSIMフリーのiPad をドコモ回線のMVNOで使うとテザリングが使えなくなるなどの事例が発生しています。

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情:au初のMVNOが好調/ドコモ版iPad発売とテザリング封じの関係/auのWiMAX 2+スマホは速度制限あり? (1/2) – ITmedia PC USER

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク