カッティングマシンで iPhone5s 背面用フォトカバーを自作してみた

こんばんは、くろさるです。

普段はiPhone5sにパワーサポートのエアージャケットをつけているんですが、クリアケースなのでカバーの中にiPhone型に切った写真を入れると着せかえカバーになると思い、背面サイズの写真を自作してみました。

IMG 3266

スポンサーリンク

カットは手作業でも出来なくもないですが、ちょっと大変なのでパソコンに繋いで利用できるカッティングマシンを使いました。グラフテック社のシルエットカメオです。

5s cameo 012

カッティングマシンでカットするにもカットデータがないと何も出来ないので、とりあえずスキャナーで iPhone5s の背面をスキャンします。

5s cameo 004

スキャンした iPhone5s の画像データをグラフィックソフトで加工して、シルエットカメオの専用ソフトに読み込みます。

5s cameo 011

とりあえず、OS X の壁紙を試作品にに使ってみました。

5s cameo 002

カットデータを印刷して台紙にセットします。

5s cameo 005

カメオでカットすると・・・あっという間に背面カバー用写真が出来ました。こいつをエアージャケットの中に入れて iPhone5s にセットします。

5s cameo 006

おお〜!結構いいんじゃないですか。

5s cameo 008

調子に乗って他の柄も作ってみます。

ひまわり畑の風景。

5s cameo 009

子犬の写真です。

5s cameo 010

コレなら、用紙はコピー用紙で済むので気が向いたら違う柄に変更するのも簡単です。貼ってはがせるシール用紙なんかで作るとそれ自体がカバーに使えそうですね。

今度はiPad 用なんかも作ってみようかな?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク