iPhoneで手軽にウェブサイトをPDFにして保存する方法

スポンサーリンク

こんばんは、くろさるです。

GoogleのiPhoneアプリ「Chrome」を使って、見ているサイトをPDFにして保存できるらしいのでやってみました。

 

いつもはSafariを使っているので、App StoreからChromeをダウンロードしてきます。

Iphone webpdf 001

 

アプリを起動。利用規約に同意して続行。

Iphone webpdf 002

 

今回は、PDFだけ作りたいのでログインはスキップします。

Iphone webpdf 003

 

Chromeが起動しました。

Iphone webpdf 004

 

 

とりあえず、本ブログ「デジさる」を保存してみます。ブログをChromeで表示します。

Iphone webpdf 005

 

 

右上のメニューアイコンから「印刷」をタップします。

Iphone webpdf 006

 

「Googleクラウドプリント」をタップ。

Iphone webpdf 007

 

 

あら、結局Chromeにログインしなきゃならないんですね。

Iphone webpdf 008

 

 

持っているGoogleアカウントにログインしました。

Iphone webpdf 009

 

 

ログイン完了。「OK」をタップ。

Iphone webpdf 010

 

 

改めて「Googleクラウドプリント」を選択。

Iphone webpdf 011

 

 

「従来のプリンタを追加」をタップ。

Iphone webpdf 012

 

 

おおっっと、以前持っていたAndroidの機種がずらずらっと出てきました。でも今回は「Googleドライブ」に保存を選択しました。

Iphone webpdf 013

 

 

右上の「保存」をタップ。PDFファイルはGoogleドライブ上に保存されたようです。

Iphone webpdf 014

 

 

 

保存されたファイルにアクセスしてみると、この様に表示されました。A4サイズっていうのかな?PDFなのでウェブページが分割されて保存されるようです。PDFなので当然といえば当然なんですが、ちょっと使いづらい感じがしますね。

Iphone webpdf 017

 

 

結局サイトをPDFで保存する為には、Chromeとグーグルドライブの登録が必要なようです。今回はサイトをPDFで保存するという目的のためですが、単純にPDFにこだわらずサイトを保存したいときはEvernoteの方が便利ですね。