iPhoneでQRコードを読み取りする方法と読み取れない原因について

iPhoneやiPad、iPod touchでは、2017年に公開された「iOS11」から標準カメラでQRコードの読み取りに対応していて、特別なアプリをインストールしなくてもQRコードを読み込むことができます。

iPhoneでQRコードを読み取る方法や、QRコードを読み取れない問題について紹介します。

スポンサーリンク

標準カメラでQRコードを読み取る方法

iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法です。

iPhoneのホーム画面か待受画面で、画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

これがコントロールセンターです。下の方にQRコードのアイコンがあると思いますのでタップして起動します。

カメラが起動するので、カメラをQRコードにかざします。

するとポップアップが出てくるので、ポップアップをタップします。

すると、自動的にSafariが起動し、QRコードに対応した画面が表示されます。

コントロールセンターにQRカメラがない場合

コントロールセンターにQRコードのアイコンがない場合は標準カメラを起動してQRコードを読み込むこともできます。

コントロールセンターの右下のカメラアイコンか、ホーム画面のカメラアプリを起動します。

あとは先程と同様にカメラをQRコードにかざして読み込んでください。

コントロールセンターにQRコードを表示する方法

上記の方法でコントロールセンターにQRコードアイコンがなくても大丈夫なんですが、一応コントロールセンターにQRコードを表示する方法も紹介します。

ホーム画面から設定アプリを開きます。

設定アプリの「コントロールセンター」をタップします。

コントロールをカスタマイズをタップします。

画面下に「QRコードをスキャン」があると思いますので、左にある「+」マークをタッチします。

すると画像のように「QRコードをコードをスキャン」が追加されます。

その後、コントロールセンターを開くと、このようにQRコードが追加されていると思います。

ChromeでQRコードを読み取る方法

上記の方法(標準カメラでQRコードを読み取る方法)では、QRコードを読み取るとSafariが自動で起動するので、Chromeユーザーはちょっと困るかもしれません。

僕もChromeユーザーなので、ネットはChromeで開きたいのですが、その場合はChromeからもQRコードを読み取ることができます。

ChromeでQRコードを読み取る方法は、Chromeのアイコンを3Dタッチでグッと強くタッチします。

するとChromeの3Dタッチのメニューが出てくるので、「QRコードをスキャンします」をタッチします。

初めて起動する場合は、このような確認画面が出るので「OK」をタッチします。

カメラが起動するので、QRコードをかざします。

QRの内容がURLの場合は、自動的に入力されるので、「開く」をタップします。

このようにChromeでもQRコードを読み込むことができます。

QRコードを読み込めない場合の対処方法

カメラアプリを起動してもQRコードが読み込めない場合は、アプリが正常に動作していない可能性があります。

以下の手順で対応してみてください。

1.カメラアプリを終了させてもう一度起動してみる。

・ホーム画面を2回すばやく押し、カメラアプリを上にスワイプして終了する。

・もう一度QRコードスキャンを起動して読み取る。

2.iPhone本体を再起動してみる。

・本体横の電源ボタンを長押しして、「スライドで電源をオフ」のボタンを右にスライドする。

・電源がオフになったら、もう一度電源ボタンを押してiPhoneを起動する。

・もう一度スキャンしてみる。

3.iPhoneを最新のバージョンにアップデートしてみる。

上記の方法でも解決しない場合。

4.工場出荷時の状態に戻してみる。

5.AppStoreに相談してみる。

まとめ

iPhoneではiOS11以降の標準のカメラでQRコードを読み込むことができます。普段Chromeを使っている場合は、Chromeの3DタッチのメニューでQRコードを読み込むことも可能です。

スポンサーリンク