iPhoneXRの色(カラー)の種類や比較!人気色や新色、仕様性能について

2018年9月13日(日本時間)に発表された、iPhone XSの廉価版モデルiPhone XRですが、色(カラー)のバリエーションは何色なのか?新色はあるのか?人気の色は何色になるのか調べてみました。

スポンサーリンク

iPhoneXRのカラーバリエーションについて

2018年9月13日に発表されたiPhoneXRのカラーバリエーションは全部で6色になります。

カラーバリエーションの内容としては、レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーとなります。

この中では、レッドとホワイト、ブラックは馴染み深いですが、イエローとコーラル、ブルーは珍しいです。

多色展開としては過去にiPhone5cがありましたが、このときは本体の素材がポリカーボネートでマットな色が採用されていたことから、今回のiPhoneXRの色味とは大きく違うように見えます。

iPhoneXRでは本体の素材にアルミニウムが採用されており、iPhone5c や iPod touch のマルチカラーとは違った高級感が感じられて、個人的には好印象です。

6色の中でもコーラルというのは、あまり聞き慣れない色ですが、どんな色なのでしょうか。

見た目には薄いピンクのような、赤のような表現の難しい色ですが、ネットで調べてみると化粧品によく使われている色のようです。

コーラルピンクやコーラルレッドなどの色があったのすが、iPhoneXRで使われているのは、コーラルピンクに近いような感じがします。

iPhoneXRの人気色はどれ?

iPhoneXRの色の種類は全6色で、レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーがあるわけですが、人気の色はどれになるのでしょう。

今まであった色といえば、ブラック、ホワイトが定番でした。

この2色がやはり人気だと思うのですが、次点でレッド、その後にブルー、イエロー、コーラルの3色という感じでしょうか。

iPhoneXRの読み方について

iPhoneXRの読み方ですが、XRなのでエックスアールと読んでしまいそうですが、iPhoneXがアイフォンテンだったので、アイフォンテンアールということになると思います。

公式サイトを見ると、Rも大文字のRでいいようですね。

iPhoneXRの価格について

iPhoneXSの廉価版という位置づけのiPhoneXRですが気になる価格は一体いくらなのでしょうか。

公式サイトから調べると、色の種類にかかわらず容量別の値段になるようです。

アップルの公式サイトでのiPhoneXRの価格(税抜)です。

  • 64GB   84,800円+税
  • 128GB  90,800円+税
  • 256GB 101,800円+税

ちなみにiPhoneXSの価格はこちらです。

iPhoneXS 5.8インチモデル(XS)

  • 64GB  112,800円+税
  • 256GB 129,800円+税
  • 512GB 152,800円+税

iPhoneXS 6.5インチモデル(XS MAX)

  • 64GB  124,800円+税
  • 256GB 141,800円+税
  • 512GB 164,800円+税

すべて10万円以上、最高価格はXS MAXの512GBモデルですが消費税込みだと18万円近いですね。

これはすごい。

iPhone XR と XS は何が違うの?

ここで、気になるのが普及モデルのiPhoneXR と フラッグシップモデルのiPhoneXSは何が違うのかって言うことですね。

簡単に言ってしまうと、XRはXSの廉価版という位置づけですが、カメラやディスプレイ性能が違うとか細かい違いはいろいろありますが、個人的には見た目と、ディスプレイサイズ以外に比較するところがあまりないのではないかと思っています。

iPhone に大きめのカバーを付ける場合は、本体のデザインが見えないのでなおさらじゃないでしょうか。

最近のスマホは、ほぼ性能や使い勝手など完成されてきているイメージがある(毎年変わり映えしない)ので、毎年買い換えるという人も少なくなってきていると思います。

ほぼ全モデル10万円以上という価格帯では、iPhone8やiPhone7等の旧モデルの需要がますます加速しそうですね。

一応スペックのリンクを貼っておきます。

iPhone XS 仕様

iPhone XS 仕様

iPhoneXRのボタン配置

iPhoneXRのボタン配置は図のようになっています。

今までiPhone 同様、本体左にボリュームボタン、ミュートスイッチ、右側にサイドボタン(電源)

下部にライトニングコネクタとマイク、スピーカーは配置されていました。

これはiPhoneXSでも全く同じボタン配置でした。

iPhone XRに防水はあるの?

iPhoneXRの防水性能は、IEC規格60529にもとづくIP67等級ということですが、これは最大水深1メートルで最大30分間は大丈夫ということらしいです。

完全に水中カメラとして使うにはちょっと怖いですが、雨に濡れたり、うっかり水に落としたりしても大丈夫なのは心強いですね。

iPhoneXSについては防水性能はIP68ということでiPhoneXRよりも防水性能は少し上でした。

iPhoneXRの同梱物

iPhoneXRを購入すると、箱に入ってくるものは以下のとおりです。

  • iOS 12を搭載したiPhone
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル

最近のiPhoneはイヤホン端子がないので、ライトニング接続のイヤホンが同梱されるので注意してください。

このイヤホンを接続していると、接続している間は有線で充電することができません。

イヤホンジャックがないiPhone で充電しながら有線のイヤホンを使う方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

イヤホンジャックがないiPhoneで音楽を聴きながら充電する方法について

iPhoneXRの販売店について

iPhoneXR は10月26日発売ですが、3台キャリアのドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。

予約開始は10月19日(金)午後4時からとなっていますので、各オンラインショップでチェックしてみてください。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

さいごに

2018年9月13日に発表されたiPhoneXRですが、ホームボタンがない廉価版の新型iPhoneとしてなかなか買い替え需要としての期待値は高いと思います。

ただ廉価版と言っても10万円近い価格はそうポンポン買い換えられるものではないので、iPhone8のような旧機種の人気もまだまだ衰えないのではないのでしょうか。

スポンサーリンク