iPhoneやiPadで勝手に再起動が繰り返す不具合が発生!原因と対処方法について

2017年12月2日午前0時ころより、iPhoneやiPad等のiOS11をOSをインストールしている端末で、再起動を自動的に繰り返す不具合が発生しているようです。

スポンサーリンク

再起動を繰り返す不具合について

この強制再起動を繰り返す不具合は、iPhone やiPad等のiOS端末で発生しており、1、2分毎に画面が黒くなって歯車が回り、その後ロック画面になるというものです。

この症状は、iOS11以上をインストールしている端末で、特定のアプリをインストールしていると発生しているようです。

原因としては、iOS11の内部時計と、その特定のアプリとの通知関連でクラッシュが起こり再起動が起こるようです。

クラッシュの原因になっているアプリ

現在確認されているクラッシュの原因となっているアプリは次のアプリです。

  • 欅のキセキ
  • 乃木坂46リズムフェスティバル
  • 家計簿Zaim
  • Wi-Fiセキュリティ
  • マンガBANG!
  • ウイルスバスターモバイル
  • 母子手帳kazoc
  • ソリティア
  • e燃費
  • InstaMag

これらのアプリだけが原因なわけではなく、他のアプリでも同様の症状が発生する可能性があります。

欅のキセキで公式に今回の不具合についての発表がありました。

強制再起動の対処方法

今回の強制再起動の不具合は、特定のアプリの通知と、iOSの内部時計の相性が悪くて起こっているようなので、そのアプリの通知をオフにしてしまえばとりあえずは再起動が起こらなくなります。

ただ、1,2分毎に起こる再起動の間に全ての通知をオフにするのは難しいので、一旦iOSの内部時計を2017年12月2日より前の日付にすると、再起動が起こらないようなので、その間に通知をオフにしていくといいでしょう。

他には、原因のアプリをアンインストール(削除)するという方法もあります。あまり使っていないアプリなら問題ないですが、通常はアプリの通知設定を変更することで対照することができます。

以降はアプリの通知設定をオフにする方法を説明していきます。

iOSの時計を変更する方法

「設定」アプリから「一般」の「日付と時刻」を開きます。

自動設定をオフにして日付をタップ。

日付をタップして変更します。とりあえず12月1日にすると再起動は発生しません。

アプリの通知をオフにする方法

日付を変更して、再起動が起こらなくなったら、この間にゆっくりアプリの通知をオフにしていきます。

「設定」アプリの「通知」を開きます。

クラッシュ原因のアプリをタップして開きます。

「通知を許可」をオフにします。

通知の許可はアプリごとに設定できるため、原因のアプリだけをオフにするといいでしょう。

原因アプリは前項で記述しているので参考にしてみてください。

通知をオフにしたら、時計アプリを自動設定に戻します。

原因アプリをの通知をオフにしても再起動が発生している場合は、とりあえず全てもアプリの通知をオフにして、徐々に戻していくという方法をとってみてください。

12月3日以降になったら直るのでは?

12月2日になった時点で不具合が発生しているので、12月3日以降になったら不具合が直るのでは?という声もありますが、実際に12月3日以降の日付にしてみましたが、再起動の不具合が直ることはありませんでした。

12月3日でも2018年1月1日にしても駄目でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク