iPhoneの何度も出るアップデート通知を消し、iOSを更新しない方法は?

こんにちは、くろさるです。

iPhoneのアップデートって、年に1回実施されるメジャーアップデートと

その都度更新されるマイナーアップデートがありますが、

アップデートしないでそのままのOSのまま使いたい場合もありますよね。

でも、iOSの更新があると、自動で更新の通知が来るんですが、これって通知をオフにすることはできるんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

通常iOSにアップデートがあると設定アプリにバッジが付きます。

以前はアップデートしたくない時はこのまま放置していればよかったんですけど、

最近は、頻繁にアップデートの催促が出るようになっています。

これがやっかいで、表示されるボタンにはオフにするところがないし、

「後で」をタップしても、また再通知が来るようになっています。

結論から言うと、完全に通知をオフにすることは難しいようです。

設定アプリの「iTunes StoreとApp Store」に「アップデート」のスイッチがありますが

これは、アプリの自動アップデートをオフにするだけの設定のようです。

なので、iOSのアップデートをオフにするものではないようです。

ただ、何度も通知される、ソフトウェア・アップデートのお知らせは、設定アプリから一時的出さないようにすることはできるようです。

「設定」アプリから

「一般」「ストレージとiCloud の使用状況」を開き、

「ストレージを管理」から「iOS –.–.–」と表示されているところをタップし

「アップデートを削除」をタップするとダウンロードされたアップデートファイルを削除できるようです。

アップデータはWi-Fiに接続している時にダウンロードされるので、

iPhoneをWi-Fiに繋いでいない間は、再度ダウンロードされないので、アップデートの通知が来なくなります。

現状では、iOSのアップデートをせずに通知を出さないようにするにはこれしか無いようです。

格安SIMを使っていたりする場合には最新のOSにすると、SIMが通信できなくなる場合も多々あるので、

アップデートはできるだけ任意にして欲しいところですが、

最近のiOSでは、この仕様がデフォルトなんですね。

上の方法で削除したアップデートは、Wi-Fiに繋いでいると、そのうちまたダンロードされてアップデート可能になりますが、

通知が出る前にアップデートしたくなった時は、

「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」から「ダウンロードとインストール」で、任意にアップデートすることが出来ますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク