スマホは雑菌の温床?スマホやケースの掃除のススメ

こんにちは、くろさるです。

今日は、iPhoneのケースを水洗いしました。

え?なんでって、それはスマホはバイキンがいっぱいついてるからなんですよ~。

IMG_7764

スポンサーリンク

周りに聞いてもほとんどいないんですが

僕はスマホケースをよく洗います。

なんで?汚れて無いよっ!て意見も聞くんですが、僕は洗います。

考えてみると一日中持ち歩いているスマホ。

自宅でも、外出していても、仕事中でも、学校に行っていても持ち歩いています。

食事のときに食べ物の写真を撮ったりもしますよね。

すると皮脂はもちろん、いろんな汚れがつき、水分や油分、食べ物の汚れなどありとあらゆる汚れが付着しているわけです。

そこへ細菌がつくとどんどん繁殖していきます。

スマホって使っていると熱を持っていて適度に温かいので、細菌が増えるのにぴったりなんですね。

持ち運んでいる時は、ポケットや鞄の中など雑菌が繁殖するにはうってつけの条件です。

これを知ってから、スマホを触った後におにぎりやサンドイッチを素手で食べるのに躊躇してしまいます。

以前にテレビかなんかで見たのですが、

トイレの便座よりも細菌が多いらしいですよ、きれいにしていないスマホって。

ちなみにもっと汚かったのがネットカフェのキーボードだとか。

いろいろ想像すると恐ろしいですね・・・

まあ、全ての情報を鵜呑みにする必要は無いんですが、スマホが汚れていることには変わらないんですね。

スマホケースの洗い方

洗うと言っても特別なことは何もしていないんですが

iPhoneからケースと取り外して、食器用洗剤を使って手洗いしています。

スポンジを使ってガシガシ洗うと傷がついちゃいますからね。

拭き取りには、ティッシュやタオルではなく不織布などの毛羽立たない素材のものを使うといいですね。

僕はコストコで買ったペーパータオルを使っています。

IMG_7766

それでケースを拭き終わった後は、そのままiPhone本体をきれいにします。

ケースを拭き取った水分で適度に濡れて汚れが取れやすいんですね。

その後は濡れていない部分を使って水分を拭き取ります。

iPhone7以前のiPhoneは防水ではないので、濡らして壊さないように気をつけてください。

アルコール入りのウェットティッシュで拭けばいいじゃんと思う方もいるかもしれませんが

スマホはいろいろなコーティングがしてあるので

迂闊にアルコールで拭くとコーティングが取れたり、拭いた跡が白くなってしまうかもしれないので注意してください。

拭き終わった後は、洗う前より色んな所がキュキュっとして

こんなに油がついていたのかと驚きますよ。

うがい手洗いを良くする人は、スマホの汚れにも気をつけてみるといいかもしれませんよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク