3D touch機能をオフにする方法

スポンサーリンク

iPhone 6Sから、画面を強く押すことによってプレビューやオプションを表示することのできる

「3D touch」という機能があります。

写真は、カメラアプリのアイコンを強く押すことによって

直接ビデオを撮影したりできるようになりました。

 

しかし、この3D touch機能。使い慣れないと、逆に他の操作をしづらかったりします。

そこで3D touchをオフにする方法です。

IMG_0702

 

 

「設定」アプリの「一般」をタップして開きます。

設定

 

次にアクセシビリティをタップ。

 

IMG_0703

 

 

その中に「3D touch」の項目があります。

 

IMG_0704

 

 

スイッチをオフにすると3D touchが使えなくなります。

IMG_0705

 

 

その他にも感度や感度テストがありましたが、弱いも強いもあまり差がわかりませんでした(笑)

 

年配の方が初めてiPhoneを使う場合など、タップの加減がわからない時など

3D touchをオフにしてあげるといいかもしれませんね。

 

個人的には3D touchをオンにしていると

アプリの移動の長押しで3D touchが誤動作してイライラしたのでオフにしちゃってます。