iPhone6 の簡易アクセスを使ってみた

スポンサーリンク

iPhone 6 、iPhone 6 Plus では従来の機種より画面が大きくなったために片手で画面上部にタッチすることが難しくなりました。

両手を使って操作することで解決することなんですが、たまに片手で何とかしたい時もあるので、簡易アクセスという機能を使ってみました。

Ios 20150903 500

 

簡易アクセスというのは、iPhone6 から搭載された機能で、画面の上部をタッチしたくても届かない時に、ホームボタンを2回タッチすると画面が下に移動して片手でもらくらく操作ができるようになるというものです。

 

 

文字ではわかりづらいので、実際にやってみます。

 

これが通常のホーム画面。ここでホームボタンを2回タッチします。ボタンを押すのではなくタッチです。

Ios 20150903 504

 

するとにゅ~っと画面が下に降りてきます。もういちど2回タッチするともとに戻ります。

Ios 20150903 505

 

このように片手でも余裕で親指が一番上のアイコンに届くようになりました。

Ios 20150903 501

 

 

通知センターも出しやすくなりました。

Ios 20150903 503

 

この機能はアプリを使っている時でも同じように使うことが出来ます。

 

普段は、両手使いが多いんですが、片手がふさがっているときなど覚えておくと便利な時が多いですね。

 

 

もしも、ホームボタンをタッチしても簡易アクセスが出来ない場合は設定から、機能をオンにすることが出来ます。

 

「設定」アプリから「一般」をタップ。

Ios 20150903 600

 

 

「アクセシビリティ」をタップ。

Ios 20150903 601

 

 

 

「簡易アクセス」をオンにします。

Ios 20150903 602