脱獄していないiPhoneも感染しちゃうマルウェア「WireLurker」が発見される!

ちょっと前のことになりますが、GIGAZINEさんを見ていたら気になる記事がありました。

通常ウィルスには強いと言われているiPhoneですが、なんと脱獄していなくても感染してしまう「WireLurker」というマルウェアがあるそうなんです。

Wirus 20141203

スポンサーリンク

マルウェアというのは、ウィルスとはちょっと違って、悪意のあるソフトウェアそのものを指すそうですが、やっていることはウィルスと同じです。感染するとデバイスの情報を外部に送信したり、マルウェアのアップデートにも対応しているとのこと。怖いですね。

ではどうやってマルウェアがiPhoneに感染するのでしょう?

GIGAZINEさんによると、iPhoneに直接感染するのではなく、iPhoneにつないでいるMacを経由して感染してしまうとのこと。つまり一旦Macなどのパソコンに感染して、そのMacに繋がれるiOSデバイスを監視し、iOSデバイスが接続されると、そのiOSデバイスにマルウェアをインストールしてしまうということらしいです。

iPhoneなどのiOSデバイスは脱獄していないまっさらな状態ではApp Storeからしかアプリをインストールできなかったので安心していましたが、いくらでも抜け道はあるものですね。

これを防ぐには、Macにセキュリティーソフトを入れる事。怪しいソフトはインストールしないこと。App Storeのアプリだけを使うこと。脱獄はしないことだそうです。iPhoneは個人情報の宝庫ですから、不安な方はできるだけ怪しいソフトには近づかない方がいいかもしれないですね。

とうとう非脱獄のiPhoneにも感染する極悪マルウェア「WireLurker」が登場 – GIGAZINE

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク