iOS11.3の不具合やバッテリーの状態!アップデートして大丈夫なのかについて

2018年3月30日未明、iPhone向けにiOSの最新ファームウェア「iOS11.3」がアップデートしました。

今回は大きめのアップデートなのでアップデートして大丈夫なのか、不具合はないのか、バッテリーの異常消耗について気になる方も多いと思います。

「iOS11.3」にアップデートした状態についてレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

iOS11.3について

iPhone版iOS11.3は2018年3月30日未明、アップルからリリースされました。

更新ファイルはiPhone6sの「iOS11.2.6」から「iOS11.3」にアップデートする場合「712.4MB」でした。これは他のマイナーアップデートにくらべて少し大きめな容量ですね。

自宅のWi-FIではダウンロードに16分かかると表示されました。

もしアップデートする場合に時間の余裕がある時がおすすめです。

iOS 11.3には、さらにリアルな体験を届けることができるARKit 1.5、”バッテリーの状態(ベータ)”、iPhone Xユーザー用の新規アニ文字などを含む新機能が導入されました。このアップデートには安定性の改善及びバグの修正も含まれます。

新機能として、以下のものがあるようです。

  • 拡張現実昨日(AR)
  • バッテリーの状態
  • iPadの充電管理
  • アニ文字
  • プライバシー
  • Apple Music
  • News
  • AppStoreの更新
  • Safari
  • キーボード
  • アクセシビリティ
  • その他の改善及び修正

iOS11.3への更新方法

iOS11.3へは「設定」アプリの「一般」「ソフトウェア・アップデート」から更新します。

iPhoneを電源と接続し、バッテリーの余裕がある状態で行ってください。

電源とWi-Fiに接続した状態で、「ダウンロードとインストール」をタップするとアップデートを開始することができます。

ダウンロード時間は、16分と表示されましたが、お持ちのネット環境によって変化します。

ダウンロードがが終わったら「今すぐインストール」をタップするとアップデートすることができます。

もし今すぐアップデートしtくない場合は「あとで」をタップすると一旦アップデートを中断することができます。時間のない時はこちらを選択してください。

アップデートは約10分程度で完了しました。

ダウンロード時間を含めると45分程度です。

今回は、Wi-Fiによるアップデートを行いましたが、パソコンを使ってアップデートする方法もあります。Wi-Fi環境やパソコンがない場合は、アップデートできませんので、Wi-Fiの使える環境を探して見てください。

iOSの過去のアップデート

iOS11.3はi前回のiOS11.2.6から約1ヶ月でのアップデートとなりました。

  • iOS11.0  : 2017年9月20日(水)
  • iOS11.0.1 : 2017年9月26日(火)
  • iOS11.0.2 : 2017年10月4日(水)
  • iOS11.0.3 : 2017年10月12日(木)
  • iOS11.1  : 2017年11月1日(水)
  • iOS11.1.1 : 2017年11月10日(金)
  • iOS11.1.2 : 2017年11月17日(金)
  • iOS11.2  : 2017年12月2日(土)
  • iOS11.2.1 : 2017年12月14日(木)
  • iOS11.2.2 : 2018年1月9日(火)
  • iOS11.2.5 : 2018年1月24日(水)
  • iOS11.2.6 : 2018年2月20日(火)
  • iOS11.3  : 2018年3月30日(金)

iOS11.3の不具合について

iOS11.3の不具合について現在はアップデートされた直後なので、特に目立った異常はおこっていないようです

LINEモバイルの接続状況について

僕は格安シムであるLINEモバイルを使用していますが、iOS11.3にアップデートしても特に問題はありませんでした。

ただ、iOS11.3にアップデート後にキャリアアップデートがあり、バージョンが「ドコモ32.0」から「ドコモ32.1」になりましたので、もし通信状態が悪い場合はアップデートした方がいいかもしれません。

新機能「バッテリーの状態」について

iOS11.3では今回のアップデートの目玉、「バッテリーの状態」機能が追加されました。

バッテリーの状態(ベータ)は「設定」アプリの中の「バッテリー」から確認することができます。

バッテリーの状態(ベータ)を開くとバッテリーの状態が表示されました。

ぼくのiPhone6sは新品の状態と比べて94%の状態のようです。

画面中央にピークパフォーマンス性能とあります。以下のように表示されていますね。

お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

ぼkのiPhoneのバッテリーはバッテリーの劣化による機能制限を受けていないということなんでしょうね。

明らかに購入当初と比べてスクリーンショットの堪能などが遅くなっていたので、機能制限を受けていると思っていたのですが、特に問題ないと表示されました。

なんかちょっとがったりしましたが、バッテリーはまだ大丈夫だということで、その面では安心ですね。

まとめ

iOS11.3は2018年3月30日にリリースされましたが、まだリリースされたばかりなので不具合等判明しておりません。それを踏まえた上でアップデートする場合は時間のあるときにすることをオススメします。

スポンサーリンク