iOS11.1にアップデートできない!更新が終わらないときの原因と対処方法について

本日2017年11月1日。iOS11.1がリリースされました。

早速新しいファームウェアに更新したいのに「アップデートできない」「更新できない」などのエラーが出て困っている人も多いと思います。

この更新できない問題の原因と対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)がアップデートできないときの原因には大きく分けてふたつの原因があると思います。

それは端末が原因のときと、通信状態が良くないときです。

これらの原因について説明していきたいと思います。

最新版のiOS11について

2017年11月17日現在のiOS11の最新版は「iOS11.0.2」です。

詳細についてはこちらからご覧ください。

iOS11.1.2 の不具合や更新内容について

端末が原因のとき

端末が原因の時は以下のようなものがあると思います。

  • 空き容量が少ない
  • Wi-Fiに接続されていない
  • 端末の動作が不安定なとき

空き容量が少ないとき

空き容量が少ないと、ファームウェアがダウンロードできないので不要なアプリや動画写真などを削除して、空き容量を空けてください。

1〜2GBほど空いてるとインストールもスムーズだし、更新後の動作も良くなると思います。

逆に空き容量を空けられない場合はトラブルのもとなので、アップデートをしないほうがいいかもしれません。

W-Fiに接続されていない

iOSのアップデートはWi-Fiに接続されていないとダウンロードすることができません。自宅のWi-Fiに接続するか、Wi−Fiスポットのあるところで更新してください。

WiFiがない場合はパソコンからのアップデートもすることができます。

端末の動作が不安定なとき

端末の動作が不安定なときもアップデートできない可能性があるので、再起動してからアップデートしてみてください。それでもだめな場合は一度初期化することでアップデートできるようになる場合もあります。

パソコンを使ったアップデートもおすすめです。

通信状態が良くないとき

Wi-Fiに接続していて、端末の状態も問題ないようであれば、通信機器が原因の可能性があります。

一度使っている、モデムやルーター、無線LANなどを再起動してみることをおすすめします。

その上で、他の端末でもインターネットができるかどうか、iPhoneでもインターネットができるかどうか確かめてみましょう。

また、iOSの公開日などアクセスが集中するときなどはアップルのサーバーが混雑してファームウェアがダウンロードできないのかもしれません。その時は少し時間をおいて試してみましょう。

上記の方法でもだめなとき

これらの方法を試してみてもアップデート出来ない時は、ダウンロードしたファームウェアを削除して、ダウンロードしなしてみるといいかもしれません。

詳しくはこちらで解説していますので試してみてください。

こんにちは、くろさるです。 iPhoneのアップデートって、年に1回実施されるメジャーアップデートと その都度更新されるマイナー...

iOS11.1 の不具合やバッテリーの消耗問題について

iOS11.1 関連の記事はこちらで紹介しています。

よかったら参考にしてみてください。

iOS11.1 の不具合やバッテリーの消耗について

まとめ

iPhone のバージョンアップをするにはいろいろな理由があると思いますが、アップデート自体にもトラブルがつきものです。だめな場合には色々原因がありますので、その症状にあった対象法を試してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク