HAPPY GLASS 攻略 LEVEL 191 – 200 の解答 [ハッピーグラス]

スマートフォンアプリのゲーム HAPPY GLASS (ハッピーグラス) レベル 191 から レベル 200 までの攻略、解答例です。

この記事では、レベル191からレベル192、193、194、195、196、197、198、199、200 までを攻略しすべて星3つをゲットしています。

ネタバレ注意。

スポンサーリンク

LEVEL 191 の攻略

土管の下に熱いブロックがありますが、動く玉もあるので蓋ができません。

3つの玉が動かないように、浅めのフタを作ります。

フタが浅いので、あふれた水が、両脇に流れていきます。

あふれた水がグラスに入ってクリア。

LEVEL 192 の攻略

土管から出た水がすべて熱い玉に当たって蒸発してしまいます。

単純に熱い玉の上に傘を作ります。

玉の両脇から流れた水がグラスに入ってクリア。

LEVEL 193 の攻略

大玉がグラスに落下するので、阻止します。

グラスの横にある棒から線を伸ばし、グラスの土台になっている棒に線を伸ばします。

大玉がグラスの上の線の先端にあたって、左に落ちていきます。

水だけは真下に落ちてグラスに入ります。

LEVEL 194 の攻略

浮いている熱い板に水が接触しないようにして、グラスも回転させます。

熱い棒の上に線を書き、少しグラスにあたって引っかかるようにします。

スタートすると、線の先にグラスが引っかかり回転します。

グラスは真上を向かなくても水はいっぱいになるのでOKです。

LEVEL 195 の攻略

土管から出た水が回転するブロックにあたって左右に飛び散ってしまいます。

この面はゲージに余裕があるので、グラスの土台から線を上に伸ばし、ブロックを図のように覆います。

スタートすると、土管から出た水が線にあたり、左のナナメのブロックからグラスに流れます。

水がいっぱいになりました。

LEVEL 196 の攻略

このレベル196は土管から出る水の量が少ないので、両方の水をグラスに誘導しなくてはクリアできません。

そこで、両方の水をグラスに入れるように線を書くのですが、グラスの底と土台になっている線の間を見てください。隙間が空いていますね。

この隙間を利用して、図のように線を書きます。

ゲージには余裕があるので、長く書いても全然大丈夫です。

無事水が入りました。

LEVEL 197 の攻略

レベル197も線が書けるスペースが少ないです。

左の小さいブロックにかかるようにL字を書きます。

L字が右に傾いて、水の誘導線になります。

LEVEL 198 の攻略

線の書けるスペースから、水を右に誘導する台を書いて落としてやります。

左肩上がりに台を書きます。

台が落下して、水が右の方に流れていきます。

水の量は余裕あるので、これでもOKです。

LEVEL 199 の攻略

2つのブロックが落下して、ブラスに当たってしまいます。

左の土管から、支える線を書きます。結構ゲージがギリギリなので注意。

大玉の方は少しかするくらいでOK。

大玉が右の方に落ちていき、水がグラスに入ります。

LEVEL 200 の攻略

画面中央の「HOT」の上を水を流して、グラスに水を注ぎます。

図のように台を作ります。なるべく水平にすると良いです。

水平にすることで、水に勢いがつかないのでゆっくりグラスの中に水が入っていきます。

水平しないと水に勢いがついて、グラスに水が入りません。

「HOT」の上が水平にならなかった時は、右の丸ブロックから壁を作ると良いかもしれません。

他のステージの攻略記事はこちらからどうぞ

LEVEL 201〜210 の攻略へ

HAPPY GLASS 攻略一覧 [ハッピーグラス]

スポンサーリンク