ピゴサの代わりに使えるアプリ「MagicalGO(マジカルゴー)」が登場!

2017年7月23日をもってサービス終了した、pokemonGO(ポケモンGO)のポケモンサーチアプリ「ピゴサ」こと「P-GO SEARCH」ですが、今月11日以降ピゴサと同様のアプリが配信開始されたと話題になっています。

スポンサーリンク

先月まで使えていた、P-GO SEARCH(ピゴサ)公式サイトは、現在もサービス終了のままです。

「P-GO SEARCH (ピゴサ) は2017年7月23日にサービスを終了しました。今までご愛用いただきありがとうございました。」と書かれていますね。

ピゴサはポケモンGOの開発元からの要請でサービスを終了したと言われています。

https://pmap.kuku.lu/

しかし、8月11日に「MagicalGO(マジガルゴー)」というアプリがAppStore、Playストアともに登場しています。

「MagicalGO ー リアルタイムマップ」

2017年8月11日にバージョン「1.0.2」で配信されています。

容量は20.3MBです

最初から「1.0.2」のようですね。

画面は「ピゴサ」に非常によく似ているようです。

ブラウザでも利用可能です。

MagicalGO

GooglePlayストアの説明欄にはこのように表記されています。

主な機能
◆広い範囲の充実したデータ
◆消滅までの残り時間や所要時間の表示
◆個体値/保有技等の表示機能
◆出現履歴機能
◆ジムレイドの出現個体、実施スケジュール、レベル表示機能
◆ジムの場所や占有チーム、空き枠の表示機能
◆ストップの場所やルアー残り時間表示機能
◆ポケソース表示機能
◇プッシュ通知での出現速報、ジム速報、レイド速報
◇アイコンや種族名のカスタマイズ機能
・フィルタリングやマーク機能
・GPSで現在位置の表示
・出現情報のSNS共有
・地点やジムのお気に入り機能
・キーワードからの地点ジャンプ機能
・全設定のクラウド保存と復元機能
・クラウド経由でのリアルタイムな新機能の追加(アプリ更新不要)
・何度でも甦る

※ピゴサ(P-GO SEARCH)と100%互換のUIで実装しています。

ピゴサと100%の互換性とか、「何度でも蘇る」とか書かれていますね。

なので、ピゴサと同じところが配信しているアプリなのではと言われています。

まあ、ユーザーからしてみれば、使いやすいアプリであればOKだと思うので、このままサービスを続けて欲しいところですね。

アイコンの直し方

また、MagicalGOは初期設定のままだと、ポケモンがこのようなビリヤードの玉のような状態で、何がなんだかわかりません。

このアイコンの直し方はこちらの記事からどうぞ。

pokemonGO(ポケモンゴー)のポケモンを地図上から探せるMagicalGO(マジカルゴー)ですが、 初期設定ではポケモンのアイコ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク