fire HD 8タブレット2017版購入レポート!スペックや専用カバーについても

amazonで購入できる高コスパのタブレットの2017年版「fire HD 8 2017」の購入レポートです。

セットで専用カバー(ブルー)も購入しました。

スポンサーリンク

fire HD 8 はamazonが販売するAndroid OS をベースとした fire OS を搭載する8インチのタブレットです。

amazon のサービスを受けられるアプリがインストールされており、通常のアンドロイドタブレットのように、専用のアプリストアからゲームやアプリなどをダウンロードして使うことも出来ます。

今回購入したのは fire HD 8 の16GBモデルです。

fire HD 8 には16GB と32GBモデルが有るのですが、記憶容量は microSD で拡張できるので、16GBモデルを購入しました。

右横にあるのは fire HD 8  のamazon純正の専用カバーです。

イエロー、オレンジ、パープル、ブラック、ブルーの5色があり、今回はブルーを購入しました。

梱包はどちらも紙袋風のパッケージで驚きましたが、amazonらしいですね。

まずは、fire HD 8 タブレットの方を開封。

中に入っていたものです。

  • fire HD 8 2017 モデル 16GB
  • ACアダプタ
  • microUSBケーブル
  • 説明書の様な冊子×2

必要最小限の構成ですね。

ビニール袋から出してみました。

液晶面に物理キーはなく、画面とベゼル、画面上部のインカメラのシンプルな構成です。

裏面です。

amazon の刻印と、各種技適マーク類が表示されています。

左上にちょこんとメインカメラがありますね。

amazonマークのアップです。amazon製品は主張しすぎないシンプルな所が良いですね。

専用カバーに fire HD 8 を装着してみました。

蓋の左下にひっそりと刻印があります。

液晶面を保護する蓋付きのカバーです。

蓋部分にはマグネットが内蔵されており、蓋の開閉と連動して自動的にスリープ、スリープ解除してくれます。

台座部分はプラスチックでするっと入りました。

蓋の裏面はマイクロファイバー素材で、左下に刻印もあります。

カバーを装着したfire HD 8 を持ってみた感想は結構重い!です。

サイズについても実物を見ないで購入したのですが、意外と大きというのが第一印象でした。

しかし、fire HD 8 は外に持ち出したりすることは殆ど無く、使用用途のメインが屋内でのamazonビデオと電子ブックの視聴なので、これ位がいいんですね。

fire HD 8 2017モデルのスペックについて

価格:¥ 11,980(プライム会員は4,000円引きで7,980円)
ディスプレイサイズ:8インチ HD
解像度:1280 x 800 (189ppi)
カラー:ブラック
プロセッサ:クアッドコア1.3GHz 1.8GHz x 2
オーディオ:デュアルステレオスピーカー マイク、Dolby Atmos
ストレージ:16/32GB
microSDカードスロット:256GBまで対応
カメラ:フロントカメラ、2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n
バッテリー:12時間
サイズ:214 x 128 x 9.7mm
重量:369g
カスタマーサポート:メール、チャット、電話、スクリーンシェア

2017年モデルは6月7日に発売されました。

全モデルとの違いは殆ど無く、microSDの対応が200GBから256GBになった。

暑さが0.5mm厚くなった。重さが28g増えた。といったところです。

その上で価格は1000円安くなったので、コストパフォーマンスは最強です。

amazonプライム会員なら4,000円引きの7,980円で

このタブレットが買えてしまうのはもう驚きしかないですね。

さいごに

まだ、届いたばかりなので初期設定くらいしかしていませんが

使い方や設定方法等、少しずつご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク