Anycubic Photon 開封の儀!届いた箱の中身や同梱物について

光造形式の3Dプリンター「Anycubic Photon」を購入したので、届いた状態や本体の梱包状態、同梱物についてご紹介します。

スポンサーリンク

Anycubic Photonについて

Anycubic Photonは、光造形式という方式を採用している3Dプリンターです。

一般的に有名な樹脂を溶かして積層する熱溶解方式とは違うUV硬化型アクリル樹脂を使った造形物を作ることができます。

熱溶解方式よりも高精細な印刷ができるのが特徴で、よくある3Dプリンターのギザギザの層がほとんどできません。

これまでは、光造形方式はとても高価で買うことができませんでしたが、Anycubicというメーカーが発売したこの「Photon」という機種はamazonで10万円を切る価格で販売されています。

開封の儀

amazonから届いた状態です。

縦30cm、奥行き30cm、高さ65cmのダンボールに入ってきました。

ダンボールを開けると、説明書やケーブル等の同梱物が入っています。

これがPhotonの同梱物です。

  • プラットフォーム
  • 樹脂タンク
  • USBメモリ4GB
  • レジン液250g
  • マスク
  • 手袋3双
  • 漏斗10枚
  • マニュアル
  • FEPフィルム2枚
  • ドアノブ1式
  • ツールキット
  • スクレイパー
  • 電源ケーブル
  • 予備ネジ5個

Anycubic Photonの本体です。

この個体は窓が黄色ですが、以前は窓が青色だったようです。

青色の窓では紫外線を通してしまうとかで、黄色に変更されたとか。

光造形方式のPhotonではレジンを使うので窓が紫外線を通すとまずいんですね。

正面下の操作画面です、感圧式のタッチスクリーンです。スマホの静電方式ではなく3DSで使われているような感圧式の液晶です。

本体右側です。

電源スイッチとUSB端子があります。

本体左側です。こっちには何もありませんね。

本体背面です。

通気口と電源プラグの端子があります。

カバーを開いてみたところです。

本体内部に樹脂タンクが設置されています。

ここにレジン液を入れて、下からUVを照射して造形していきます。

スクリューロッドでプラットフォームが上下します。

樹脂タンクはこの様に取り外すことができます。

タンクの底は、FEPフィルムが張ってあります。これは交換可能で、フィルムの状態が悪くなると新しいものと交換します。

樹脂タンクを取り外したところ、黒い部分は2Kの液晶スクリーンです。この液晶画面で紫外線を通すところと通さないところを作り、レジンを任意の形に造形していく様になっています。よく考えられていますね。

ちなみに、カバーの取っ手(ハンドル)は届いたときにはついていません。

このように、ネジで取っ手を取り付けます。

さて次は、Photon本体の調整をします。

レベリング調整しないと、すぐには印刷できないようです。

はやく印刷してみたーい!

スポンサーリンク