LINEモバイルで使えるiPhoneシリーズを調べてみた

LINEモバイルで使えるiPhoneシリーズを調べてみました。

2017-06-14_06h25_58

スポンサーリンク

LINEモバイルはドコモの電波を使っているMVNOなので、基本的にドコモのスマートフォンはすべて使えるはずです。

auとソフトバンクのスマホについてはシムロックがかかっているのでそのまま使うことはできません。

しかし、最近ではスマホをキャリアで購入した後、一定期間後にシムロックを解除することができるようになっているので、シムロック解除ができる端末は解除しておくと後々役に立つと思います。

動作確認済みiPhone端末

LINEモバイルでは、動作確認済み端末を公式サイトで公表しています。

LINEモバイルで動作確認済み端末一覧(iPhone)

Apple Inc.
iPhone 5 A1429 SIMフリー版
iPhone 5c A1456 docomo版
iPhone 5c A1456 SIMフリー版
iPhone 5s A1453 docomo版
iPhone 5s A1453 SIMフリー版
iPhone 6 A1586 docomo版
iPhone 6 A1586 SIMフリー版
iPhone 6 Plus A1524 docomo版
iPhone 6 Plus A1524 SIMフリー版
iPhone 6s A1688 docomo版
iPhone 6s A1688 SIMフリー版
iPhone 6s Plus A1687 docomo版
iPhone 6s Plus A1687 SIMフリー版
iPhone 7 A1779 docomo版
iPhone 7 A1779 SIMフリー版
iPhone 7 Plus A1785 docomo版
iPhone 7 Plus A1785 SIMフリー版
iPhone SE A1723 docomo版
iPhone SE A1723 SIMフリー版

基本的に、iPhone5以降のシムフリーと、docomo版のiPhoneを動作確認済みとしているようですね。

au版、Softbank版は「△」で動作未確認となっていましたが、シムロックすることで使えるようになるのではないかと思われます。

https://mobile.line.me/support/iphone/

ここに表示されている端末は全てナノシム対応となっています。

他にも、Galaxy、Xperia、AQUOSシリーズの動作確認端末が公開されていました。

iPhoneのシムロックを解除する方法

シムフリーの入手方法は、アップルの公式サイトからシムフリーを購入する方法と、

キャリア版のiPhoneのシムロックを解除する方法があります。

ドコモ版ではLINEモバイルを使用する場合シムロック解除する必要はありませんが、端末購入から100日後、オンラインと店頭にてシムロック解除をすることが出来ます。

ただし、ドコモでは店頭によるシムロック解除は3000円(税抜き)の事務手数料がかかるので注意が必要です。

auとSoftBankでは、iPhone購入後181日目以降にシムロック解除可能になります。

オンラインはどちらも無料。店頭では有料のようです。

auのウェブサイトを確認する(SIMロック解除のお手続き)

SoftBankのウェブサイトを確認する(ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除)

僕は今契約しているワイモバイルが来月で契約から2年を迎えるので、MNPでLINEモバイルに乗り換えようと思っています。

amazonでエントリーパッケージを購入すると事務手数料が無料だったり、基本料金初月無料や2ヶ月連続3GBデータ増量など、いろいろ、オトクなキャンペーンがあるようなので調べて有効に使うようにしたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク