SIMフリーiPhoneでワイモバイルの次に使う格安SIMを検討中

僕は今、iPhone6SにY!mobileのSIMを挿して使っているんですが、

もうすぐ契約から2年経過するので、端末割引がなくなって少し料金が高くなるんです。

IMG_7763

スポンサーリンク

ワイモバイルの契約内容はスマホプランM(3GBプラン)のデータ2倍で、1600円の割引付で月々2594円。

これが現在の支払い分。

これが2年をすぎるとおそらくですが4298円になっちゃいます。

今まで3000円以下だったのでちょ~っと高いですよね。

そこで今の端末をそのまま使いつつ他の格安SIMを考えているんですが。

まず今のプランをおさらいしてみます。

ワイモバイルは1回10分以内の通話がかけ放題なんですが、僕はあまり電話をしないので無料通話はあまり重視しません。

データ通信も月々6GBまで使えましたが普段自宅ではWi-Fi運用しているので多くても3GB、通常は2GB程度しか使わないんですね。

なので、データ通信は2~3GBあれば十分です。

結果、僕に必要なのは音声通話+データ3GBプランであればいいことになります。

この条件で各社格安SIMの比べてみます。

価格.comからMNP可能な3GBのプランを調べてみました。

楽天モバイル 3.1GBプラン 1728円

ビッグローブ 3ギガプラン 1728円

IIJmio ミニマムスタートプラン 1728円

NifMo 3GBプラン 1728円

LINEモバイル 3GBデータ+SMS+音声 1825円

mineo ドコモプラン3GB 1728円

OCNモバイル 3GB 1944円

DMM mobile 通話SIMプラン3GB 1620円

FREETEL SIM定額プラン3GB 1728円

イオンモバイル 音声4GBプラン 1706円

こうしてみると、料金的にはほぼ1700円程度で横並びですね。

LINEモバイルが1825円で100円ほど高いですが、

LINEモバイルは主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のデータ通信が無料なのでなかなか惹かれるところです。

ちなみに金銭面だけで言うと、価格コムから申込むと楽天モバイルやビッグローブで現金10000円キャッシュバックというのをやっていました。

手続きの窓口が一番多いのはイオンモバイルです。ここなら設定が苦手な人でも近くのイオンで教えてもらいながらできるので、スマホの設定が苦手な人はココで契約するといいかもしれないですね。

ちなみに僕の家族では先にビックシムやイオンモバイルを勧めて実際に契約して使っています。

どちらもライトユーザーですが通信速度的には問題ないようです。

この中では100円ほど高いですが、コミニケーションフリーのあるLINEモバイルが第1候補ですね。

iPhoneを格安SIMで使いたい場合は、現在契約しているキャリアが問題になります。

格安SIMはドコモの電波を使っている会社が多いのでドコモ版の場合はそのままでも大体OKですが、auとソフトバンク版を使っている場合は、対応しているMVNOの会社と契約するか、端末をSIMフリーにする必要があります。

例えば、端末の支払いが終わってもドコモを使い続けると、端末の支払い分がなくなっても、月々サポートもなくなるので結局毎月7~8000円かかるので、

格安SIMに比べて単純に5000円近く多く払っていることになります。

1月5000円の差として、1年で6万、2年で12万はでかいですね。

格安SIMは契約縛りも数ヶ月から1年と少ないので気に入らなくても比較的短期間で乗り換えることも出来ます。

今使っている端末に問題なければ、MNPして格安SIMに乗り換えるのがオススメですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク